ナンプレ(数独)やってみたら面白かったです

 仕事の関係で、やってみたのですが。意外と難しく、それでいて完成させたら。達成感があり、面白さを感じました。

 

 脳の刺激にもなるので、良いと思いますね。

日本國粋会2次団体だった紙谷一家

 2005年まで独立団体として活動していた日本國粋会(1991年「國粋会」に改称)は(*1) (*2)、2004年時点で1都4県を活動範囲としていました (*3)。内訳は東京都と信州斉藤一家(諏訪市)の長野県(*4)、吉田川一家富士吉田市)の山梨県(*5)、残りの2県は関東圏にあると考えられます。2次団体の多くは、東京都に拠点を持っていました(*6)。日本國粋会は、「東日本の組織」という色合いが強かったです。

 

 1958年、日本國粋会は発足します(*2)。当時日本國粋会には、先述した地域以外に、岐阜県三重県鳥取県熊本県のヤクザ組織も参加していました(*6)。当時の日本國粋会が全国規模の団体であったことが窺い知れます。1985年日本國粋会2次団体・金町一家七代目総長襲名披露の書状には、推薦人に「日本國粋会 伊勢紙谷一家八代目総裁北角藤郎」の名前があります(*7)。

 

 伊勢紙谷一家は、三重県に拠点を置いたヤクザ組織です。金町一家七代目総長襲名披露の書状から、伊勢紙谷一家が1985年時、日本國粋会に所属していたことが分かります。しかし2017年現在、伊勢紙谷一家の後継団体・「紙谷一家」は、弘道会の2次団体となっています(*8)。1985年以降、伊勢紙谷一家は日本國粋会を脱退した後、弘道会の傘下に入ったことが分かります。

 

<引用・参考文献>

*1 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p32

*2 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p162-164

*3 警察庁「平成16年の暴力団情勢」

*4 『山口組動乱!! 日本最大の暴力団ドキュメント 2008~2015』(溝口敦、2015年、講談社+α文庫), p252

*5 『実話時代』2016年10月号, p144

*6 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p73

*7 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』, p178-179

*8 『週刊実話』2017年5月11・18日号

もっと行動していこう

 待っているだけじゃ、やっぱり駄目ですね。自分で道は拓いていかないと。思うように拓いていく楽しさもあるでしょうし。苦しさの中、何とか切り拓けた高揚感は格別でしょう。

 

 もっと行動していこうと思います。気持ちも、そして行動も消極的になるのが一番駄目です。仕事において、知識や技術が足りん自分が今補えるのは行動量。そして何事も恐れない、いくら何言われようが何されようが、自分が決めたことを貫く信念です。

 

 もっと動いていくぞ!!!

なぜ織田絆誠は先頭車に乗っていたのか

 9月12日午前10時頃、神戸市長田区で起きた任侠山口組トップ織田絆誠の襲撃事件において、織田絆誠は3台編成の先頭車に乗っていました(*1)。通常、抗争中のヤクザ組織トップを護送する場合、3台の乗用車で護送します。3台が車列を組み、トップを乗せる高級車を真ん中として、先導警戒車と後方警戒車がその間を挟みます(*2)。

 

 9月12日事件が起きる直前、現場付近の自宅から出た織田絆誠の一行も、抗争用の車列を組んでいました。先頭車は白いワンボックスカー、真ん中は黒い乗用車、その後方もまた白いワンボックスカーの編成でした(*1)。しかし織田絆誠は、本来乗っていると考えられる黒い乗用車ではなく、先頭車の白いワンボックスカーに乗っていました(*1)。

 

 恐らく、「真ん中の乗用車」を狙ってくるヒットマンを欺く為に、真ん中の乗用車を外して、先頭車にあえて織田絆誠は乗っていたと考えられます。今回の襲撃事件で、射殺された任侠山口組の組員は、真ん中の黒い乗用車に乗っていました(*1)。襲撃グループの攻撃方向が、真ん中の黒い乗用車に偏っていた為、任侠山口組の組員は銃弾を受けた可能性があります。

 

 もちろん襲撃グループも、事前の下調べで「織田絆誠があえて先頭車に乗っている」という情報を得ていたかもしれません。襲撃グループは自身の乗用車を先頭車にぶつけてから、襲撃を開始しています(*1)。先頭車にぶつけた所に、襲撃犯も「織田絆誠があえて先頭車に乗っている」ことを知っていたことを窺わせます。

 

<引用・参考文献>

*1 『週刊ポスト』2017年9月29日号「「次は“頭”を狙うしかない」“3つの山口組”本格抗争へ!」(鈴木智彦), p153-155

*2 R-ZONE 「山口組実録シリーズ 「菱の血判」書籍刊行記念 ~ふたつの山口組、再融合が始まっている!~」(取材/文 藤原良)

山口組の動きも活発的に

 9月12日午前10時頃、神戸市長田区で任侠山口組トップ織田絆誠達が拳銃を持った男達に襲撃される事件が起きました(*1)。織田絆誠は無事でしたが、襲撃グループの発砲により、任侠山口組の組員1名が死亡しました(*1)。襲撃グループは現在、逃走中です(*1)。今年4月、神戸山口組の脱退グループが立ち上げた組織が任俠団体山口組です(後に「任侠山口組」に改称)(*2)。当初、任侠山口組の設立は、神戸山口組の「偽装分裂」という見方もありました。目的は山口組との武力抗争で、神戸山口組に累が及ばないように、織田絆誠らのグループが意図的に離脱したという説が考えられました。

 

 しかし今回の襲撃犯が神戸山口組の者達であれば、偽装分裂の可能性はほぼ消えたと考えられます。神戸山口組と任侠山口組は、対立関係にあることが分かります。以後、今回の襲撃犯が神戸山口組の者達であるという前提のもと、話をすすめていきます。織田絆誠を守る為に射殺された組員の存在により、任侠山口組の好戦性は高まっていると考えられます。神戸山口組も簡単には引き下がらないでしょう。しかしながら、本格的な抗争は、警察当局が許しません。両団体は、今後厳しい神経戦を強いられることになります。

 

 山口組分裂抗争は、山口組、神戸山口組、任侠山口組の三つ巴の争いです。今後「神戸山口組」対「任侠山口組」の局面が最も熱くなることが予想されます。山口組は静観の構えですが、水面下では両団体の下部組織に「出戻り」のアプローチをしてくるでしょう。実際、今年4月まで神戸山口組に所属していた東京の組織(坂田組)が、弘道会の2次団体として山口組側に迎えられています(*3)。4月時点で坂田組は「神戸山口組の残留」も「任侠山口組の参加」も選ばずにいたところ、弘道会の野内組に入ることになりました(*3)。恐らく、野内組から好条件の誘いがあったのでしょう。坂田組は一旦野内組の傘下組織になりましたが、9月に弘道会の2次団体に昇格しました(*3)。「弘道会の2次団体」は、ヤクザ社会で活動する上で、良い肩書きとなります(反面、上納金は高いと考えられますが)。

 

 山口組若頭の髙山清司は現在、服役中です。出所予定は、2019年10月です(*4)。約2年後です。ヤクザ業界の中で突出した知恵者として知られる髙山清司の出所を待って、事態解決を図ろうとする人もいるでしょう。しかし山口組執行部の本音は、髙山清司の出所までに、事態を解決したいはずです。今後、山口組の動きも活発になっていくことが予想されます。

 

 

<引用・参考文献>

*1 『日刊ゲンダイ』2017年9月14日号(13日発行), p5

*2 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p21-23

*3 『週刊実話』2017年9月28日号, p35

*4 『実話時代』2017年5月号, p21

逆境だからこそ頑張る

 今日は仕事で、もうツイていないというか、ダメでした。何やっても、嫌な事が続いて。自分の打ち出す行動も弱気にもとづくもので、はっきり言って、自分も嫌いになるぐらい…。まあツイていなくても、何とかするのがその道に生きるプロな訳で。改めて、自分の力量のなさに気づいた次第です。

 

 ハァー。人生上手くいきません。とそんなこと、ここ数年思っています。でも、ここが踏ん張りどころなんでしょうね。逆境でも頑張る。実際、そういう人はいます。そんな場面を何度か見てきました。自分も同じように頑張るしかない。

 

 「あー。僕は頑張っているんだよぉおー。なのに誰も褒めてくれないよ。誰も助けてくれないよぉおー」と泣き叫んだところで。実際誰も助けてくれない。

 

 己の道は己で切り拓く。立ちかえる思想はこれしかありません。行動は素早くとっていく、恥をかいても危機管理はしっかりと、手数は多く、集団行動でも常に前のめり…。自分の不遇を嘆く前に、やるべきことは沢山あります。

 

 自分の人生は自分で描いてく。自分がやるっきゃない。固い信念で。逆境でも頑張る。いや。逆境だからこそ頑張るのです。ただ未来の自分を信じて。明日は、自分がヤワじゃないことを証明するために、生きるのです。

裏DVD市場

 違法DVDいわゆる「裏DVD」の価格が低下傾向にあります。裏DVDとは、性行為場面を撮った成人向け映像(以下、AV=アダルトビデオ)に、「違法要素」が入っているDVDのことです。一般的には無修正映像作品のことをさします。合法領域内にあるAV(つまりツタヤやゲオで、成人であればレンタルできる作品)は、出演者男女の性器に修正(モザイク)をかけています。一方、裏DVDでは出演者男女の性器が丸見えになっています。「修正なしの世界」を見たい人達がいることで、裏DVDの世界は成り立っています。他にも、法律上に加えて倫理的に極めて逸脱した内容の作品は裏DVDとして流通します。いわゆる「鬼畜系」と呼ばれるジャンルは裏DVD市場で一定の需要があります(*1)。

 

 現在裏DVDの1枚価格は安い所であれば200円以下です(*2)。約10年前であれば、裏DVD1枚価格は1000円~1500円でした(*3)。価格が急落した背景には、インターネット上にある無料動画サイトの存在があります。無修正の動画もあり、金銭的に余裕のない若者は、インターネット上で満足しています(*4)。結果、若い世代が裏DVD市場に入ってこず、裏ビデオ時代から購入していた中高年層だけが残り、日本における裏DVD全体の需要が減少していることが推測されます(*5)。通販形態をとる裏DVD業者にとって、裏DVD1枚単価が200円以下である為、ばら売りは配送料のことを考えると採算割れしていまします。対策として通販業者は「100枚セット1万円」という大量販売形態をとっています(*6)。購入者にとって、欲しくない作品も多数持つことになります。2015年11月に逮捕された新宿・歌舞伎町の裏DVD業者は、初回客には「25枚1万円」、2回目以降の客は「30枚1万円」で販売していました(*7)。初回客の1枚単価は400円、2回目以降の客の1枚単価は約330円となります。

 

 裏DVDの販売経路としては、店舗と通販の2つがあります。表の世界では、映像作品は通販さえも超えて、通信経路で入手して楽しむ時代になっています。しかし裏DVDの世界は時代に逆行して、店舗購入の需要が多いです(*8)。裏DVDの商品性格上、合法領域のAV作品を購入する以上の羞恥心が購入者にかかってきます。通販サイトでのカード決済や個人情報流出を懸念して、通販購入を避ける層が多くいます(*9)。店舗購入のメリットは、対面販売の現金支払いの為、基本的に個人情報が介在しないことです。裏DVDという商品に限り、「店舗購入」の恩恵効果は大きいです。裏DVDの店舗といっても、堂々と店を構えられることはできませんので、隠れて営業する形をとります。警察当局からの摘発を避ける為に、数カ月単位で店舗を移転させる業者もいます(*10)。また会員制をとる場合もあります(*11)。日本最大の裏DVD街は、大阪の日本橋界隈と言われています(*12)。

 

 通販においては、家族という少人数で商売をしているケースがあります(*13)。『日刊ゲンダイ』「風俗界の本音 家族で裏DVDを売って月に210万円」の記事によれば、ある家族はインターネット上で他の裏DVD業者から1枚100円の裏DVDを大量購入し、一度にコピーを10枚作れる高速ダビング機などを用いて作品を複製し、ブログで集めた客に100枚1万円で販売し、月に210万円を売り上げています(*14)。他業者の1枚100円の裏DVDを仕入れて、100枚1万円つまり1枚100円で販売しているので、一瞬「利幅」はないように見えます。しかしこの家族は複製することで、利幅をとっているのです。映像産業は、作品を一から作り上げるコストは高いですが、一度作られた作品を複製するコストは安く済みます。一方、販売場面において、「複製品」が安く売られることはありません。100円で仕入れた1つの作品を、10枚複製して、1枚100円で10枚全部売れば1000円の売り上げになります。仕入れの100円を引けば、900円の儲けとなります。映像商売において、「複製」は重要な役割を果たしています。

 

<引用・参考文献>

*1 『週刊実話』2016年8月25・9月1日号「上半期総ざらいモロ見え裏DVD流出50本」, p227

*2 『週刊実話』2016年3月17日号「風俗新潮流 第42回 裏DVDの興亡」(慶封水著), p72

*3 同上, p73

*4同上, p72

*5同上

*6 『日刊ゲンダイ』「風俗界の本音 家族で裏DVDを売って月に210万円」2016年3月8日号(7日発行), p19

*7 『日刊ゲンダイ』「「警視庁車両リスト一覧表」のすごい中身」2015年11月9日号(7日発行)

*8 『週刊実話』2016年3月17日号, p73

*9同上, p72

*10同上, p73

*11同上

*12同上

*13 『日刊ゲンダイ』「風俗界の本音 家族で裏DVDを売って月に210万円」2016年3月8日号(7日発行), p19

*14 同上