東声会

 主に関東を拠点として活動する東声会は、戦後のヤクザ社会において異彩を放つ存在でした。現在の東声会は、暴対法による「指定暴力団」の扱いを受けていません。1957年東声会は、在日朝鮮人の町井久之によって興されました(*1)。町井久之は1923年生まれです(*2)。東声会立ち上げの1957年以前から、町井久之は同じ在日朝鮮人の不良達を集い、銀座でヤクザ組織的な活動を行っていました(*1)。東声会の組織結成において、日本の既存のヤクザ組織は関わっていません。また立ち上げ前後の東声会は既存のヤクザ組織に対して、傘下に入る動きや友好的な態度を示すことはありませんでした(*1)。

 

 東声会は既存のヤクザ組織とは対立的関係にありました。1961年10月、東声会の系列組織で新宿を拠点に活動していた三声会のトップ・三木恢が港会(現在の住吉会)組員に射殺される事件も起きています(*1) (*3)。三声会は、資金獲得面では歌舞伎町のパチンコ店、バーやキャバレーからのミカジメ料の徴収、歌舞伎町で賭博場の運営を行っていました(*3)。1961年射殺された三木恢の年齢は23歳だったことから、三声会の組織メンバーも若年者で占められていたことが考えられます(*3)。新宿で活動する既存のヤクザ組織にとっては、三声会の活動は稼業面の「浸食」と映っていました。既存のヤクザ組織と異なり、東声会は縄張りを持たない組織だった為に、他団体の領域に進出することで資金獲得をせざるをえませんでした。ゆえに「抗争」は必須で、東声会は自ずと「好戦的な組織」となっていったのです。

 

 東声会は1958年時には、約500名の組員を擁していました(*1)。またその後、組織勢力は埼玉、神奈川、群馬、大阪、沖縄に拡大して、約1600名までの組織人数を抱えるまでになりました(*1)。しかし東声会は、関東のヤクザ組織からは「新興愚連隊」として位置づけられ、関東の裏社会では孤立状態に陥っていました。孤立状態を打開する為、とった策が関西の山口組との同盟です。1963年、東声会は山口組と親戚関係(同盟関係)を結びます(*1)。山口組組長・田岡一雄を「兄」、町井久之を「弟」とする兄弟盃の為、東声会が山口組の影響下に入った形です(*1)。東声会にとっては、日本の既存のヤクザ組織の影響下に初めて入った出来事でした。以後、東声会は、1972年発足された関東博徒系ヤクザ組織の親睦団体「関東二十日会」に加わるなど、関東のヤクザ組織とは友好的関係を結ぶようになっていきます(*4)。

 

 東声会の活動において、町井久之の人脈力も大きな役割を果たしました。町井久之は右翼の大物・児玉誉士夫と親しい間柄で、田岡一雄との兄弟盃も児玉誉士夫がつなぐ形で行われました(*2)。町井久之は児玉誉士夫を経由する形で、保守政治家と関係を構築していきます(*1)。1965年の日韓国交正常化においても、町井久之は協力していきます(*1)。町井久之は韓国政財界にも人脈を有しているため、日本の政治家にとって町井久之は「韓国との裏表を問わないパイプ役」として重宝されたことは想像に難くありません(*1)。警察庁の取締り強化(第一次頂上作戦)を受けて、1966年東声会は一旦解散します(*1)。しかし翌年1967年、東亜友愛事業組合が発足、旧東声会勢力を引き継ぎます(*1)。東亜友愛事業組合トップの理事長職には平野富士松が就きました(*1)。町井久之は東亜友愛事業組合には水面下で力を及ぼしていたものの、表面上はヤクザ社会から実業界に転身をはかろうとしていきました(*1)。町井久之は大韓民国中央情報部(KCIA)の協力者とも噂されていいました(*1)。真偽は分かりませんが、その噂の立つことが、町井久之の日韓に及ぼしていた影響力の大きさを物語っています。町井久之の人脈からもたらされる恩恵が、東声会の後継団体にも、何かしらあったことは考えられます。

 

<引用・参考文献>

*1 『実話時代』2016年12月号, p32-36

*2 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』(別冊宝島編集部編、2016年、宝島社), p180-181

*3 『ヤクザの死に様 伝説に残る43人』(山平重樹、2014年、幻冬舎アウトロー文庫), p84-92

*4 『実話時代』2014年11月号, p28

ポン引きとは

 風俗店街を歩く男性に対して、熱心に声を掛けてくる人達がいます。「ポン引き」という行為をする者、もしくは「客引き」という行為をする店の従業員です。ポン引きと客引きは、一見同じ勧誘行為ですが、実態は異なります。ポン引きをする者は、複数の風俗店と契約し、つかまえた客を客のニーズに合わせて店に送ります(*1)。ポン引きを行う者は、基本的に店の従業員ではなく、フリーな立場にあります。一方、客引きとは、店の従業員が「店の前」で店の利用を促す行為です(*2)。

 

 従業員という立場上、条例などにより「店の前」以外では、勧誘行為ができないデメリットがあります。対してポン引きを行う者は、フリーな立場ゆえに、風俗店街を自由に移動できます。つまり「客引き」は営業範囲が狭く、「ポン引き」は営業範囲が広い特徴を持っています。当然、ポン引きは、公にできる行為ではない性格上、「裏社会の番人」であるヤクザ組織の「保証」を得て行う必要があります。

 

 ポン引き業界においても、場所によっては独自のルールがあります。「本番行為」のサービスがあることで有名な三重県渡鹿野島においては、島に入ってきた客に「最初に勧誘したポン引き行為者」が紹介料を得るルールがあります(*3)。客にとっては、後に別のポン引き行為者から女性を紹介されにくい仕組みです(*4)。ポン引きを行う者は男性のイメージがありますが、女性も行っています。『消えた赤線放浪記 その色町の今は…』で著者の木村聡は2000年取材において、松山の道後温泉街の要所で中年女性によるポン引き行為があったと述べています(*5)。

 

<引用・参考文献>

*1 『フーゾク資本論 なぜセックスは「巨万の富」を生むのか?』(岩永文夫、2015年、文庫ぎんが堂), p74

*2 同上

*3 『週刊実話』2016年6月9日号「スキンレス春川が往く! 風俗裏街道」, p138~139

*4 同上

*5 『消えた赤線放浪記 その色町の今は…』(木村聡、2016年、ちくま文庫), p262

ゴザの風俗店の歴史

 沖縄のヤクザ組織及び風俗業界の歴史を語る上で、ゴザ市(現在の沖縄市)の存在は外せません。1950年米軍統治下の沖縄において、米軍兵士を対象とする歓楽街が越来村ゴザ地区に初めて誕生しました(*1)。米空軍のメイヤー中佐が越来村の村長に、米軍兵士の歓楽街の創設を依頼したことがきっかけになったと言われています(*2)。越来村の近くには、嘉手納の米軍基地がありました(*1)。ゴザに誕生した歓楽街には、風俗店をはじめとして、飲食店、喫茶店、遊技場などが続々と生まれていきました(*1)。越来村は、1956年には「ゴザ市」となり、大きい行政単位に変わりました(*1)。

 

 米軍はゴザの風俗店に対して、風俗業施設許可基準に基づいて検査を実施、合格した風俗店に対しては「Aマーク」を付与しました(*1)。米軍統治下では、「Aマーク」付与の風俗店(Aサインバー)のみが、米軍兵士相手の商売が許されていました(*1)。つまりAサインバーとは「米軍公認の風俗店」だったのです。Aサインバーの店は繁盛していました(*1)。しかし店内での米軍兵士の粗暴な行為に対しては、店側は対応に困りました(*1)。警察は米軍兵士には及び腰です(*1)。店側が「用心棒」として頼りにしたのが、戦果アギャーのグループです(*1)。戦果アギャーとは、戦後の沖縄で、米軍基地から組織的に物資を強奪することで、利益を上げていたグループのことです(*1)。1950年以降、戦果アギャー側は、米軍物資の強奪ビジネスを以前より活発に行えなくなっていました(*1)。戦果アギャー側も新しいビジネスチャンスを探っていたところでした。風俗店の要請もあり、戦果アギャーはゴザの歓楽街に進出していきます(*1)。戦果アギャーのゴザの顔役として、名が知られたのが喜舎場朝信でした(*1)。

 

 ゴザの風俗店の主なサービスは、本番行為の売春でした。米軍兵士を主な客とする店のエリアとして、ゴザの「八重島特飲街」、ゴザ周辺の「照屋特飲街」が知られていました(*3)。一方、1952年「吉原」というエリア(沖縄市)が特飲街として許可をされ、営業を始めます(*3)。吉原の特徴は、客の対象を地元の沖縄人としたことです(*3)。1958年本土で売春防止法が施行されるも、米軍統治下の沖縄では施行されませんでした(*3)。沖縄で売春防止法が施行されたのは、日本に返還された1972年以降です(*3)。吉原ではその後も違法の形で売春サービスが提供されてきました(*3)。しかし2011年摘発にあい、吉原では売春サービスが行われなくなりました(*3)。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・沖縄ヤクザ50年戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2004年、洋泉社), p37-42

*2 『洋泉社MOOK・沖縄ヤクザ50年戦争』, p55-56

*3 『青線 売春の記憶を刻む旅』(八木澤高明、2015年、スコラマガジン), p271-275

ヤクザ組織と闇金業者の親和性の高さ

  違法領域の金貸し業(闇金業者)は、性格上、法律で拘束される担保を債務者からとることができません。土地建物の抵当権、保証人や連帯保証人を債務者に要求することができないのです。存在自体が違法である闇金業者は法律を「味方」にしません。もっとも闇金利用者は法律下の金融業者からも借金している場合が多く、土地建物の抵当権は法律下の金融業者がおさえられています(*1)。

 

  闇金業者が担保として要求するのは、債務者の人脈です(*1)。個人であればアドレス帳、法人であれば取引先の情報を闇金業者は担保とします。アドレス帳は、債務者が逃げた場合、行方を追う手がかりにもなります(*1)。「闇金からの借金」という情報を債務者の周辺者に簡単にばらせる環境にしておくことは、債務者への脅しになり、効果的です。

 

 ちなみに一昔前のヤクザ組織系の金融業者では、「融資実行現場の写真」を担保の1つとしていました(*2)。写真には、貸したお金、債務者の2点が写ります。

 

 しかし債務者の人脈は、抵当権や保証人などと異なり、換金できる担保ではありません。もう1つの担保として要求するのが、債務者自身です。女性であれば風俗店、男性であれば過酷な肉体労働現場に送られます(*3)。また裏社会の運び屋などに従事させられることもあります(*3)。

 

 闇金業者の借金の場合、債務者は踏み倒しても、表沙汰にはなりません。しかし闇金業者はあらゆる暴力的手段を駆使し、債務者を取り囲み、踏み倒しをさせないようにします。ヤクザ組織と闇金業者の親和性は高いです。

 

<引用・参考文献>

*1 『ウラ金融』(青木雄二、2002年、徳間文庫), p131-133

*2 『週刊新潮』2016年3月10日号「永田町の黒幕を埋めた「死刑囚」の告白 第3回」, p33

*3 『ウラ金融』(青木雄二、2002年、徳間文庫), p229-231

ダンスって…難しい

 参考動画をみても、どういう体の動かし方をしているのかが…分からない…。困ったものです。みんなどうして、ダンスの振りつけ覚えているのですかね…。だいぶ昔やったことありますが。その時は、ダンス隊長みたいな人がいて。その人が見本を見せてくれて、それで覚えましたね。そんな人は、今回いないし…。

 

 どうやって覚えよう…。ダンス経験者の方っああ。いい覚え方ありますか?

 

 

弘道会と山健組の相違点の1つ

 山口組有力2次団体・弘道会と神戸山口組有力2次団体・山健組は、実話誌等において、よく比較される対象です。両団体の相違点の1つとして、下部団体における「老舗組織」の有無があります。「老舗組織」の定義を勝手に、太平洋戦争終了時(1945年)以前から、活動していた組織とします。弘道会の下部団体(3次団体)には、老舗組織が複数存在しています。一方、山健組の下部団体(3次団体)には、老舗組織が存在していません。山健組は今年(2017年)4月末、副組長織田絆誠を軸とする勢力が脱退、分裂する事態に陥りました(*1)。弘道会と山健組の下部団体を同時期で比較する資料が、山健組分裂前の情報に拠ったものしか現時点ではありません。山健組分裂前の情報を参考にして、両団体を検証していきます。

 

 弘道会と山健組の全ての下部団体の歴史を把握している資料はない為、組織名にある「代目」の数字に着目しました。一般的に歴史が古い組織ほど、代目の数字は大きくなります。代目更新(トップ交代)のスピードも組織ごとに異なってきます。1次団体レベルの話になりますが、1915年結成の山口組の代目は現在「六代目」です。1948年誕生の合田一家の代目は現在「七代目」、1955年頃に結成された東組の代目は現在「二代目」です(*2)。山口組は102年(1915~2017年)の間に「5回」の代目更新、合田一家は69年の間に「6回」の代目更新、東組は62年の間に「1回」の代目更新を経験しています。割合にすると、山口組は20年に1回、合田一家は12年に1回、東組は62年に1回、の頻度で代目を更新しています。恣意的に山口組を基準とすると、合田一家は代目更新の頻度が早く、東組は代目更新の頻度が遅いことがあります。代目更新の要因は複数あります。組織内の統制力やトップの人間の健康などが挙げられます。

 

 弘道会と山健組の下部団体の話に戻します。とりあえず「六代目」以上の代目をつけている組織を老舗組織か、老舗組織に近い歴史を有する組織と考えてみることにします。『週刊実話』2017年5月11・18日号によれば、弘道会において「六代目」以上の代目を組織名につけるのは、10団体あります(*3)。一方、山健組は1団体しかありません(*3)。弘道会の10団体は、「十一代目紙谷一家」「十代目常滑一家」「十代目稲葉地一家」「九代目玉屋一家」「九代目平野家一家」「八代目浜長」「八代目浅野会」「六代目水谷一家」「六代目笹若一家」「六代目前津一家」です。「十代目稲葉地一家」と「九代目平野家一家」は博徒組織で、長らく独立団体として活動してきました(*4)。平野家一家は1991年、稲葉地一家は1997年に弘道会に入りました(*5)。稲葉地一家弘道会入りは1992年という話もあります(*6)。「稲葉地一家」は、幕末に興されています(*4)。代目の数字が近い、紙谷一家常滑一家、玉屋一家、平野家一家の組織は、恐らく1945年以前に結成されたと推測されます。上部団体・弘道会の結成は、1984年です(*7)。弘道会の代目は現在「三代目」です。

 

 山健組の該当する1団体は、六代目紀州連合会です(*3)。現在六代目紀州連合会は、4月末の分裂時に山健組を脱退、織田絆誠が立ち上げた仁俠団体山口組に属しています(*8)。紀州連合会という名前から推測するに、1945年以前から活動していた組織とは考えられません。現在、山健組内で最も大きい代目の数字を持つのは、「五代目健竜会」です(*9)。健竜会の結成は1970年です(*10)。よって山健組の下部団体で、1945年以前から活動する老舗組織は存在しないと推測されます。上部団体・山健組は、1961年に結成されています(*11)。山健組の代目は現在「四代目」です。

 

 現在(2017年8月)、弘道会の下部団体(3次団体)には老舗組織が複数存在して、一方山健組の下部団体(3次団体)には老舗組織が存在しないことが分かりました。弘道会、山健組ともに他団体を吸収し、組織拡張を図ってきました。両者の差は以下のパターンによって生まれたと考えられます。①「弘道会は老舗組織を吸収したのに対して、山健組は老舗組織を吸収するのを拒んだ」、②「弘道会、山健組ともに老舗組織を吸収した。弘道会は老舗組織の組織名や組織実体を変更させない形で吸収したのに対して、山健組は老舗組織を解体する形で吸収した」という2パターンが考えられます。両団体の「老舗組織」に対する捉え方の差ともいえます。弘道会は「老舗組織」のブランドを重要視する、山健組は「老舗組織」のブランドを重要視しない傾向が読み取れます。現在の山口組は、住吉会、稲川会、松葉会という関東のヤクザ組織と友好関係にあります。その関係上、神戸山口組は幸平一家住吉会2次団体)を除く住吉会勢力と稲川会と松葉会とは友好関係にはありません。関東ヤクザ組織とのつながりの太さは、山口組が神戸山口組に秀でている点の1つです。「老舗組織」を大事にする弘道会の体質が、老舗組織を多く抱える関東のヤクザ組織にとって、好ましく感じられている結果かもしれません。

 

<引用・参考文献>

*1 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p21

*2 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』, p70,80

*3 『週刊実話』2017年5月11・18日号

*4 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p114-115

*5 『弘道会の野望 司六代目と髙山若頭の半生』(木村勝美、2015年、メディアックス), p150

*6 『実話時代』2017年9月号, p28

*7 『別冊 実話時代 山口組分裂闘争完全保存版』(2016年10月号増刊), p47

*8 『週刊実話』2017年6月8日号, p41

*9 『週刊実話』2017年8月3日号, p37

*10 『別冊 実話時代 山口組分裂闘争完全保存版』, p54

*11 『武闘派 三代目山口組若頭』(溝口敦、2015年、講談社+α文庫), p73

弘道会における稲葉地一家の位置

  弘道会の有力傘下組織の1つに、稲葉地一家があります。稲葉地一家は、幕末の名古屋で結成された博徒組織です(*1)。稲葉地一家勢力範囲は名古屋にととまらず、三重県北部まで拡大した時代がありました(*2)。1986年、地元のヤクザ組織とともに稲葉地一家は親睦団体「中京五社会」を立ち上げます(*3)。しかし1991年、「中京五社会」の加盟団体と弘道会の抗争の結果、「中京五社会」は瓦解します(*4)。中京五社会の加盟団体の多くは、山口組及び弘道会入りしていきます(*4)。稲葉地一家も1997年弘道会入りしています(*4)。稲葉地一家弘道会入りは1992年という話もあります(*5)。当時は、稲葉地一家の池田憲一総長(八代目)か 中村英昭総長(九代目)の時代です(*4) (*6)。ともかく稲葉地一家は、幕末から昭和の時代まで長らく独立団体として活動してきたのでした。

 

 現在弘道会内の組織図をみると、稲葉地一家トップの松山猛(十代目総長)は「弘道会若頭補佐」という役職に位置し、執行部を形成しています(*7)。弘道会の舎弟頭には、稲葉地一家前トップの中村英昭(九代目総長)が就いています(*7)。中村英昭は個人の立場で舎弟頭を務めています(*7)。弘道会の人事から、弘道会内で稲葉地一家の存在が大きいことが窺い知れます。また弘道会の傘下組織(3次団体)に、笹若一家という組織があります(*7)。笹若一家は元々、稲葉地一家の独立団体時代、「稲葉地一家の下部団体」でした(*1)。笹若一家は、稲葉地一家内でも有力組織として知られていました(*1)。笹若一家三代目鬼木賢緒は、稲葉地一家の七代目総長にも就任しています(*6)。

 

 しかし現在、笹若一家稲葉地一家の傘下から外れて、稲葉地一家と同格の「弘道会の下部団体」に位置しています。その経緯が書かれた資料は、現在手元にありません。推測すると、以下のパターンが考えられます。①「1997年(もしくは1992年)の稲葉地一家弘道会入りする前に、内紛により笹若一家稲葉地一家から脱退して先に弘道会に入っていた」、②「1997年(もしくは1992年)の稲葉地一家弘道会入りした後に、笹若一家が内部昇格する形で、3次団体に格上げされた」ということが考えられます。弘道会側にとって稲葉地一家の加入は喜ばしいことです。一方、強力な組織を傘下に収めておくのは、負担でもあります。稲葉地一家が、将来大きな内紛を引き起こす存在になりかねません。弘道会の執行部が、稲葉地一家の力を割くために、策を図った結果笹若一家稲葉地一家を離れたと推測されます。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p114-115

*2 『血と抗争 山口組三代目』(溝口敦、2015年、講談社+α文庫), p122

*3 『弘道会の野望 司六代目と髙山若頭の半生』(木村勝美、2015年、メディアックス), p146

*4 『弘道会の野望 司六代目と髙山若頭の半生』, p150-151

*5 『実話時代』2017年9月号, p28

*6 『実話時代』2017年1月号, p105

*7 『週刊実話』2017年5月11・18日号