ホテトルとマントル

  紹介風俗の1つに、ホテトルとマントルが挙げられます。ホテトルとは「ホテルでトルコ」、マントルは「マンションでトルコ」を略した言葉です(*1)。本番行為が実質行われているソープランドは昭和の時代「トルコ風呂」と呼ばれていました。風俗業界において「トルコ」は本番行為を示す言葉として用いられてきました(*2)。ホテトルは、客から電話を受け女性を送り出し、シティホテルやラブホテルにおいて客と本番行為を致すサービスを行います(*3)。マントルは本番行為を致す場所がマンションとなります。日本で実質本番行為をしているにも関わらず、合法領域に留められている風俗サービスはソープランドのみです。つまりホテトルとマントルは違法風俗となります。ホテトルの形態は、派遣風俗のデリヘルと変わりません。建前上、ホテトルとデリヘルの違いを分けるのは、存在が合法的か否かということです。ホテトルの存在は違法的であり、デリヘルは合法的です。

 

 ホテトルとマントルの集客策として、公衆電話ボックスの壁面に貼る小型チラシがありました(*4)。携帯電話のない時代、外出時の連絡手段として、公衆電話ボックスを利用されていました。人が頻繁に訪れる公衆電話ボックスは広告効果が高い場所でした。しかし公衆電話ボックスの壁面にも限りがあり、業者間での競争が激化すると、他の小型チラシを剥がし自分達の小型チラシを貼る可能性があります。小型チラシを巡る公衆電話ボックスの「縄張り調整」が求められてきます。当然、公にはしにくいことなので、広告代理店や警察当局に調整をお願いすることはできません。よってヤクザ組織の仕事となりました。当時東京の盛り場において、ホテトルやマントル業者のミカジメ料は、小型チラシなしの営業のみで月額3万円以上、小型チラシありで月額5万円以上でした(*5)。

 

 現在ホテトルの集客策としてとられているのが、出会い系サイトの利用です(*6)。出会い系サイトを利用する男性はセックスを目的にしている場合が多いです。ホテトル側にとって、見込み客が多く存在している場である為、利用する価値は多いにあるのです。中国地方最大の歓楽街・薬研堀広島市)の違法風俗として有名なのが、マントルです(*7)。ポン引きがマンションで女性を待機させて、客に数部屋をノックし顔見せを行わせる仕組みがとられています(*8)。

 

<引用・参考文献>

*1 『フーゾク資本論 なぜセックスは「巨万の富」を生むのか?』(岩永文夫、2015年、文庫ぎんが堂), p230~231

*2 同上, p231

*3 同上, p230

*4 同上, p231

*5 同上

*6 同上, p233

*7 『週刊実話』2016年5月12・19日号「全国ネオン街ワイド最新版」, p228

*8 同上

自分ならやれる

 今日は休日でした。ボーナスも出たので、少しパーと使ってみました。

 

 久しぶりに仕事とは関係のない読書もできましたし。充実した休みでしたかね。でも明日からの仕事がなんだか不安…。この前の忘年会とは別の忘年会も1年目のメンバーで企画・実行もしなくてはいけなくて、色々あることがあります。仕事のレポートも遅々として進まず、親分(上司)にヤキ入れられそうで…。

 

 なんだが毎日手一杯。孤独の身もなんだが、最近寒さも手伝って、耐えられない感じ。

 

 いかん、暗くなってしまいました。それでも今日自分なりに考えて動いてみたら、いいことありました。それを明日からもやっていこう。

 

 怖いものなんて、なんにもないという気持ちで。やれる。自分ならやれる。

B勘屋

 

 昔、企業の脱税策の1つとして、B勘屋の利用がありました。B勘屋とは、数億円単位の偽領収証を発行する会社のことです(*1)。企業にかかる税金は、売上ではなく利益を対象とします。企業側としては、利益を「少なく」見せることが重要となってきます。支払い(支出)をわざと多くして利益を減らすことは、一般企業でもよく行われています。

 

 一方、B勘屋利用の場合、支出先の企業(B勘屋)に支払い金額を支払いません。例えば、A企業(脱税企業)は企画料としてB企業(B勘屋)に2億円を支払ったという取引話が作り上げられます。実際は、B企業はA企業に「2億円に値する企画」を提供していません。A企業もB企業に「2億円」を支払っていません。ただし、B企業(B勘屋)は「2億円の領収証」をA企業(脱税企業)に発行だけはします。A企業の帳簿上、「2億円はB企業に支出された」ことになります。A企業から2億円が「消えた」ことになります。

 

 脱税企業はB勘屋に対して、領収証の額面金額を支払わないものの、「偽領収証発行の報酬」として平均で額面の20%を支払っていました(*1)。2億円の場合、4千万円の支払いです。B勘屋は、脱税を図る中小企業にとって貴重な存在でした(*1)。大手企業の場合、赤字の子会社に支払う形で、利益を「少なく」させることが可能です(*1)。しかし中小企業は子会社を持ちません。脱税を図る中小企業にとって、B勘屋の存在価値は高かったのです。

 

 B勘屋を利用するメリットとして、帳簿から消えるお金を「企業の裏金」として利用できることが考えられます。特に裏社会に渡る金としては、都合が良いです。

 

<引用・参考文献>

*1 『裏経済パクリの手口99』(日名子暁、1995年、かんき出版), p72-73

孤独になっても

 ここ最近、孤独というか、なんというか心が押しつぶされそうな時がありました。なんでしょうね。仕事関係のあることが一つ終わってホッとしてできた隙間に、うれしいことではなく、悪いことを考えてしまったのでしょうね。

 

 でも日付は昨日ですが、今日。いいことがいくつかありました。見てくれてないだろうなーという人が、実は見てくれたりして、ある事で褒めてくれました。仕事の合間だったので、忙しさであまり感情が湧きあがらなかったですが、やっぱりそういう褒められたことはすごく嬉しいものです。ほかにもちょっとした人間関係でもいいことがありました。

 

 見栄えのいい幸せに、目を奪われないようにしよう。ちゃんとした感受性を持っていよう。信頼はコツコツと積み上げていこう。

 

 今後もいや今も仕事でいっぱいいっぱいで、ほんとキツイですが。頑張ってやっていこうと思います。

 

 たとえどれだけ孤独になっても。自分が今の仕事に就くにあたって、描いた仕事上の目標を決して見失わずに、貪欲に高みを目指していくぞ。

ウォッカ飲み過ぎてしまった…

 昨晩ウオッカをなんだか「水」のようにグイグイと飲めたのですが。その分翌朝というか、夕方まで二日酔いになってしまいました(ヘパリーゼも飲んだのですが)。

 

 世間は忘年会シーズンですね。今年まで忘年会には疎い人生を送ってきたのですが、今年はなんと職場関連で2回もあります(他はありません)。1年目は色々とやることがあるので、正直、「負担」です。まあ、お給料もらいにいっている組織ですからね。我慢です。我慢。

 

 それが終わった12月下旬頃、一人忘年会でもしようかなと思います。それまで頑張るぞー!!!

テキヤ組織は仮設興行をしていた

 テキヤ組織の稼業(資金獲得業)といえば、祭りや縁日での露店商売が思い浮かばれます。テキヤ社会では、祭りや縁日は「高市」(たかまち)と呼ばれています(*1)。「高」「市」という文字の意味から、祭りや縁日がテキヤ組織にとって重要視されていることが分かります。しかし元々、テキヤ組織は高市だけを領域としていた訳ではありません。過去には、仮設興行を展開するテキヤ組織もありました(*2)。仮設興行とは、仮設小屋による見世物商売のことです(*2)。見世物としては、サーカス、移動動物園、化物屋敷、女プロレス等がありました(*2)。テキヤ社会では仮設興行のことを「高物」(たかもの)と呼んでいました(*2)。現在、稲川会2次団体で札幌を拠点とする木暮一家は、明治時代の札幌で木暮留吉によって興されたテキヤ組織です(*3)。当時の木暮一家の稼業は、虎の見世物でした(*3)。

 

 八木サーカスというサーカス一座の経営者は、八木勇(小司勇)という人物でした(*2)。大正から昭和の時代、九州地方で有名だったヤクザ組織として八木一家がありました(*4)。八木一家のトップだったのが八木寅吉でした(*4)。当時八木寅吉は、九州テキヤ社会の大物人物として位置づけられていました(*4)。八木サーカスの経営者である八木勇は、八木寅吉の舎弟でした(*2)。八木サーカスは、八木一家の影響下にあったのです。八木勇の本名は小司勇で、「八木サーカス経営者」の時に「八木」という姓を使っていました(*2)。サーカス名の「八木」は、八木寅吉からきています(*4)。八木一家は後に解散するも、旧勢力が集まって熊本で虎門会という組織を立ち上げます(*4)。

 

 スポーツ試合やコンサートのチケットを売買する「ダフ屋」組織はテキヤ組織の関係です(*5)。昔テキヤ組織が興行に関わっていたことから、興行チケットの稼業はテキヤ組織の領域とされているのかもしれません。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザに学ぶ 伸びる男 ダメなヤツ』(山平重樹、2008年、徳間文庫), p154-155

*2 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p52-53

*3 『実話時代』2016年10月号, p109

*4 『実話時代』2016年4月号, p15-16

*5 『裏経済パクリの手口99』(日名子暁、1995年、かんき出版), p94-95

ビビらない

 明日から再び、仕事…。今日は休みでした(仕事の関係上、平日が休日になることがあります。平日休みなのは嬉しい…)。それなりにゆっくりできましたかね~。

 

 最近仕事で気をつけていることは、①専門知識をしっかり身に付けること②ビビらないことの2点です。①に関しては、なんとなーくこれまでのわずかな経験だけに頼って仕事をせず、専門知識を絶えず吸収していくことが大事だと思っています。そうじゃないと、この道の高みにはいけません。だから、先輩にはどう思われてもいいので、どんなことでも「聞く」ことを心掛けています。

 

 また②ビビらない、ですが。対人の仕事でもあるので、基本的には謙虚に対応しながらも、下手に出過ぎないように気をつけています。職場の中でも、同様です。強い気持ちで当たっていかないと、仕事が良い方向には回っていきません。「目立っても、全然構わない」。それぐらいの気持ちでもいいのかなと最近思っています。

 

 ともかく明日も激闘です。辛い時こそ、食い下がって、やっていくぞ。