やっぱり

 最後まで、投げやりにならず。頑張るか…。これも良い経験と思って。

福博連合

 九州・福岡県福岡市に拠点を置く福博会は、1985年9月に立ち上げられた親睦団体「福博睦会」を源流とします(*1)。梅津会、羽衣会、太田会、強友会、太住会、平野組、中丸会、永尾一家の博多地区の独立団体に加えて、山口組2次団体・伊豆組の計9団体によって親睦団体「福博睦会」は構成されていました(*2)。福博睦会はトップ職を置かず、代紋(組織の家紋)も持たない文字通りの親睦団体でした(*3)。1990年8月、福博睦会の伊豆組を除く地元8団体が新団体・福博連合を結成します(*1)。福博連合は、親睦団体ではなく、2次団体の集合体、言い換えれば「連合型の1次団体」という位置づけで結成されました(*1)。組織結成時、8団体のトップ間で五分の義兄弟盃が交わされました(*1)。福博連合はトップ職を置かず、月当番で8団体のトップに「世話役」を担当させる方式で、組織運営をしていました(*1)。8団体の平等性を優先した1次団体でした。伊豆組は、組長の伊豆健児が「福博連合の顧問」に就任する形で、福博連合に関与していました(*1)。山口組とは友好関係にはありました。また福博連合は代紋を作りました(*1)。

 

 1992年、福博連合は福博会に組織名を変えて、同時に組織改革も行いました(*1)。組織改革として、福博連合ではなかったトップ職が設けられました(*1)。福博会の初代会長には、梅津会トップの梅津明が就きました(*1)。翌年1993年6月、梅津明は五代目山口組渡辺芳則組長から舎弟盃を受けました(*1)。「代紋違いの舎弟」になったことで、福博会は山口組と親戚関係になりました(*1)。1992年に施行された暴対法に、福博会は即時指定されませんでした。福博会が「指定暴力団」に指定されたのは2000年2月でした(*1)。1999年に起きた福博会の内部抗争が要因の1つとされています(*1)。「指定暴力団」の指定要件として、「資金獲得のために威力を利用することを構成員に容認していること」「犯罪経歴の保有者が一定の割合以上存在していること」「代表者等の統制のもとに階層的に構成されていること」の3つがあります(*4)。3つ全て満たしたと見なされた組織が、都道府県の公安委員会によって「指定暴力団」として指定されます(*4)。発足から指定される8年間、福博会が3要件を満たしていなかったことが要因なのか、それとも恣意的に指定されなかったのかは分かりません。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p170-172

*2 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p165

*3 『現代ヤクザ大事典』, p45

*4 『マル暴捜査』(今井良、2017年、新潮新書), p28

見てくれる人がいる

 今日(日付としては昨日か)はいいことがありました。職場関連のイベントで出し物として、仲間とダンスをすることになって、現在四苦八苦しながら進めています。毎年1年目の人間が行う恒例のもので、まあ半ば強制のものです。話を聞いた時は、とてもショックでした。ダンスなんて、苦手です。

 

 職場の先輩にそのことで、話す機会が今日あったのですが。「楽しみにしていますね」と冗談ぽい感じではなく、本気で言われて。正直、とてもうれしかったです。もちろん社交辞令という要素もあったはずですが。なんか、それとは少し違った感じを受けたのです。

 

 今回のダンスようなものは、どうしても、やらないといけない訳で。そして思えば、誰かを楽しませる為に、ダンスというものはあります。ここまでの過程は、ともかく。見てくれる人がいるのですから。その人の為に、一生懸命頑張ろうと思いました。

 

 今日もらった言葉は、だぶん忘れないでしょう。その言葉に報いるためにも、真剣に頑張ろうと思います。

毎日、ダンス5回練習するぞ

 今日は休日。朝から自宅でダンスの個人練習をしました。数を重ねった結果、振付を覚えることができました(誰にも自慢できないので、ここで自慢させて欲しい…)。実は、ここ最近、なかなかダンス個人練習ができていなくて(仕事もやっぱり大変で)。このまま、自分は覚えられるのか不安でしたが。休日に集中的にやった結果、何とかなりました。

 

 参考動画を見ながら、振付を覚える人もいるようですが。自分はそんな器用なことはできません。なので参考動画を何回も見て、振付の動作を文字に起こして、それをプリントアウトしたのを見て、振付を覚えました。自分の場合は、言葉で理解しないと、不安なので。時間は掛かりましたが、このやり方でよかったと思います。

 

 ただ曲に合わせることはまだできていません。本番は緊張もするでしょうし。もっともっとダンスの精度を高かめていく必要があります。

 

 そこで毎日、ダンスの最初から最後までの振付を5回練習することを、自分に課すことにします。1回で4分もかからないので、20分の時間があればできます。毎日やれば、ダンスの動きも安定してくでしょうし。気持ちの面でも、自信になります。

 

 ともかく、最後まで頑張っていくぞ!!!

國粹会の歴史

 山口組2次団体の國粹会は、元々独立団体でしたが、2005年9月山口組の傘下に入りました(*1)。銀座、渋谷、六本木など首都圏の繁華街に縄張りを持つ國粹会(*2)の山口組入りは、関東ヤクザ組織にとっては驚くべき事態でした。住吉会や稲川会の下部団体の中には、國粹会の縄張りを借りて活動している組織もいたからです(*3)。「大家」が國粹会で、「店子」が住吉会や稲川会の下部団体という関係がありました。しかし2005年9月以降「大家」が「山口組2次団体の國粹会」になったので、「縄張り利用権」の返還要求の可能性が浮上したのです。

 

 國粹会が結成されたのは1958年で、結成時から1991年までは日本國粹会という組織名でした(*4)。日本國粹会は、老舗博徒組織による連合体という組織形態をとっていました(*4)。初期のトップ職は理事長で、初代理事長に田甫一家の青沼辰三郎、二代目に東京前川一家の荻島峯五郎、三代目に金町一家の佐藤芳行が就きました(*4)。その後、日本國粹会のトップ職は会長に代わります(*4)。初代会長に就いたのが、生井一家の森田政治です(*4)。森田政治初代会長時代の1965年、警察庁の「頂上作戦」の影響を受け、日本國粹会は解散します(*4)。森田政治自身も1966年逮捕されます(*4)。1958年から1965年までの7年間で、組織トップが3度入れ替わっていることから、日本國粹会トップの権限は狭かったことが考えられます。日本國粹会におけるトップとは、「2次団体間の調整役」という役回りであったことが窺えます。

 

 日本國粹会の参加団体は、新たな連合組織として、國粹睦を立ち上げます(*5)。國粹睦の会長に就いたのが東京斉藤一家の山田政雄です(*5)。1969年4月、國粹睦から有力組織の小金井一家、中杉一家、辺見一家が脱退します(*6)。小金井一家は老舗博徒組織で、中央線沿線一帯、新宿、川崎に縄張りを持っていました(*7)。國粹睦の勢力範囲の1/3は、小金井一家のものとも言われていました(*6)。脱退勢力は新組織・二率会を立ち上げます(二率会は2001年解散)(*6) (*7)。小金井一家らの脱退後、1969年國粹睦は組織名を「日本國粹会」に戻します(*5)。日本國粹会の会長職には、引き続き東京斉藤一家の山田政雄が就きました(*5)。1978年、三代目会長に吉田川一家の木村清吉が就きます(*4)。その後1991年、四代目会長に金町一家の工藤和義が就任します(*4)。四代目会長の工藤和義は組織名を「國粹会」に改めます(*4)。

 

 1993年3月國粹会は稲川会と親戚関係を結びました(*4)。翌月4月住吉会とも親戚関係を結びました(*4)。2001年工藤和義は、國粹会の組織形態を連合型から、2次団体を垂直的に治める直参型に変更すべく、組織改革に着手しました(*2)。同年、日本國粹会にかつていた小金井一家らの1次団体・二率会が解散しています(*7)。二率会と同じ運命を辿らないようにと、工藤和義が考えた結果かもしれません。しかし國粹会内で組織改革に反対する声が出ました(*2)。反対した3組織(生井一家、佃繁会、落合一家)は國粹会を抜けて、國粹会と抗争状態に入ります(*2)。2003年抗争は終結します(*2)。3組織トップの引退と引きかえに、3組織の勢力が國粹会に戻りました(*2)。2000年時点で國粹会の勢力は、活動範囲「1都7県」、構成員数「約520人」でした(*4)。4年後の2004年時点で國粹会の勢力は、活動範囲「1都4県」、構成員数「約350 人」でした(*8)。2005年に山口組入りする國粹会ですが、内部抗争の影響もあったのか、勢力減退を受けていたことが分かります。

 

<引用・参考文献>

*1 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p32

*2 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p41-44

*3 『実話時代』2014年8月号, p43

*4 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p162-165

*5 『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2002年、洋泉社), p27-28

*6 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p111

*7 『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』, p11-14

*8 警察庁「平成16年の暴力団情勢」

笑顔増やして、無駄口減らして

 今日もまた、なんだが色々嫌なことがあって、なんだが暗い気持ち。せめて、ここだけでは愚痴らせて欲しい…。

 

 とはいえ、誰かが今の自分を助けてくれる訳ではありません。職場の1年目って、やっぱり立場ない…。でもそこで、拗ねたままでいるか、ただ泣き言だけ言って終わるか。

 

 そうはなりたくないです。仕事の上で、自分で決めた目標があります。その為には、グッと堪えないといけないことがあります。僕の苦手とする「周囲と合わせること」もしていかないといけません。誰しもが我慢をしてきた道です。頑張って自分もやっていこうと思います。

 

 最近、ふと思ったのですが。笑顔少なかったなと。逆に、下手な無駄口が多かったなと。笑顔はやっぱり重要。仕事的にも。意識的に増やしていかないといけないと思った次第です。あと逆に、減らすのは下手な無駄口。今の自分が職場で、自分から無駄口を叩いても、なんだが微妙なだけ。それよりも、黙って仕事に集中していく。もちろん、周りから求められての無駄口は、良しとはしています。

 

 やるべきことをやっていきます。なんとかなる。死力を尽くしてやれば…。必ず。

地道に

 明日からも仕事。1年目は、ホント正直キツイですね。仕事わかんないし、雑務多いしで。

 

 先輩達も、忙しい中、まともには丁寧には扱ってくれません。当然ですけど。挨拶は1年目からしてナンボですし。自分とのやりとりは、何かがあれば、後回しにされることなんてよくあります。時には、厳しい言葉も浴びせられます。

 

 でもそこで、拗ねてマイナス思考に陥ってはいけません。確かに気持ちいいものではないですが。仕事の実績と、日々の言動で、信頼を地道に作っていくしかありません。

 

 仕事の実績は、なにも目立った成績をあげるという意味ではなく。大きなミスなく、コツコツとやるべきことをやるということです。もちろん向上心を持って、常に現状を変えていく姿勢が大事です。

 

 日々の言動は、身の丈に合わない言動は慎む、挨拶をしっかりするということです。慣れてきたら、急に先輩やその他の方、また同期の人間に対して、調子に乗った言動を始めるおバカさんがやっぱり、いるものです。当然、「こうは、絶対なるまい」と思って見ています。

 

 寂しくなると。外部に「自分を100%認めれてくれる人」を探しにいきたくなりますが。そんな活動は徒労に終わるだけ。身近の人に地道にアプローチしていくことこそが、重要です。地道なファン作りって感じですかね。

 

 孤独に耐えられるのが自分の強みであることには変わりありませんが。しかし同時に、身近な人間関係(もちろん根性が悪い人はお断り)も大事にはしていきたいです。

 

 美男美女でもない自分を、最初から優しくしてくれる人なんて、少ないものです(それはそれで、大変有難い存在です)。だから、自ら行動を起こして、地道にやっていく。いつか、なんとかなっていると信じて。