ソープランド街の店舗数

 

 ソープランドでは、いわゆる“本番”と呼ばれる膣内性行為がサービスとして提供されています。売春行為です。1958年売春防止法施行により、日本では売春が禁止されてきました(*1)。ソープランド側の言い分は、提供しているのは“本番”ではなく浴場とそれに関するサービスであって、客とサービス嬢の自由恋愛の結果“本番”に至っているに過ぎないというものです(*2)。一応、現在までソープランド側の言い分は、世間に受け入れられてきました。

 

 代わりに、国側はソープランドを規制しました。1966年風営法の改正によって、都道府県ごとにソープランドの「禁止除外区域」が設定されました(*3)。「ソープランドの営業禁止」を取り除いてよい区域、つまり営業許可区域が設定されたのです。逆に言えば、「禁止除外区域」以外の場所では、ソープランド営業が認められないことになったのです。国側としては、「禁止除外区域」を設けることにより、ソープランド業者を一括管理できるメリットがあります(*4)。風紀面や衛生面の管理等のメリットが挙げられます(*4)。

 

 雄琴や吉原などのソープランド街は、1966年に「禁止除外区域」(営業許可区域)として設定された歴史を持っています(*5) (*6)。ソープランドに対する国側の態度を踏まえれば、今後「営業許可区域」の拡大、「営業許可区域」の新設は考えられないでしょう。「既存営業エリア」においてしか活動できないソープランド業界は、成長余地がない状況といえます。

 

 現在、各地のソープランド街の店舗数はどのようになっているのでしょか。『俺の旅別冊 全国得フーゾクEX』2017年12月20日増刊号(*7)の記事データを基に、店舗数を比べてみました。

 

1位:東京都台東区・吉原 140店

2位:福岡市・中洲 76店

3位:神戸市・福原 56店

4位:川崎市・堀之内 54店

5位:岐阜市金津園 44店

6位:熊本市・中央街 40店

7位:那覇市・辻 39店

8位:千葉市・栄町 38店

9位:札幌市・ススキノ 37店

10位:滋賀県大津市雄琴 32店

*11位以下は割愛させて頂きます

 

 1位吉原の店舗数が突出して多いことが分かります。中洲(76店)と福原(56店)を足すと、吉原に並びます。

 

<引用・参考文献>

*1 『フーゾク資本論 なぜセックスは「巨万の富」を生むのか?』(岩永文夫、2015年、文庫ぎんが堂), p30

*2 『青線 売春の記憶を刻む旅』(八木澤高明、2015年、スコラマガジン), p38

*3 『消えた赤線放浪記 その色町の今は…』(木村聡、2016年、ちくま文庫), p106

*4 『消えた赤線放浪記 その色町の今は…』, p150

*5 『週刊実話』2015年11月12日号「風俗新潮流 第25回 雄琴ソープ街」(小川内孝行著), p73

*6『消えた赤線放浪記 その色町の今は…』, p148

*7 『俺の旅別冊 全国得フーゾクEX』2017年12月20日増刊号(ミリオン出版), p48-49

夢がある

 連休終わったら、やはり物凄く、仕事がしんどい状況になってしまいました。1年目だと分からないことが多くて、新しいことを取り組むのに時間がかかります。失敗しないよう、先輩達の確認を丁寧にしていくと、それはそれで「その辺は自分でやっていいよ」と言われてしまいました。自分で考えてやれよ、的な。まあ仕方がないといえば、そうなのですが。残業も多く、またほかにも色々あって、正直職場にいるのが辛い…です。

 

 でも辞める訳にはいきません。自分が思い描く描く夢を実現するためには、この辛い過程は乗り越えないといけません。

 

 僕には今の仕事での夢があります。ささやかにですが、抱いています。夢はきっとかなうと信じて、行動していればいつかかなうはず。そう信じて、明日も開き直って。何事にも怯まず、早い行動を意識して、やっていきます。

明日が怖い

 4連休で今日がその最後の日です。連休中は実家の方まで帰ってました。久しぶりに先輩と会ったりして、良い思い出でした。家族から良いアドバイスをもらいました。

 

 ただ明日から仕事…。なんだか気分が非常に重いです。僕の仕事は365日回っている仕事なので、4連休の間も、動いているわけで。加えて、色々他の仕事もたまっています…。

 

 連休中に会った先輩からは「そろそろ結婚しろよ。いい歳だろ」と言われたのですが、正直今の仕事の状況で「結婚」という言葉は非常にピンと来ません。そんなこと考えている暇なんてないという感じです。もちろん先輩の前では「ハイ、ハイ」と素直に聞いていましたが。

 

 まあ恋をしていない訳じゃないのですが…(言ってしまった)。ただ片思いですし。告白できるかどうかも、分からない感じの状況ですし。まあ、そもそも自分には、まだ好きな異性に告白する勇気がないという…(意気地がない自分)。いかん脱線していますね。

 

 ともかく今は恋愛は横においておかねばなりません。やらないといけないことがあります。与えられたミッションをやり遂げねばなりません。

 

 たとえ想う人が「(自分ではなく他人と)結婚しまーす」ということを報告しても、非常に落ち込んでも、立ち直らねばなりません。必ず。生きるということは、そういうこと。辛いけど。

 

 明日が怖いですが。とりあえず、明日行って、仕事を頑張ってやれば気分が変わっているはず。まずは明日乗り切ることだけを考えて、頑張ります。

ヤバい時、キツイ時こそ「仕事は休まない」

 仕事のことで、上司に詰められてしまいました。ある件で「のんびりやるんじゃない」と。自分では、スピード感持って、いろんなことやってるんですけど。まあ、確かに遅々として進んでいなかったのは事実ですけど…。

 

 ただ言い訳は、してはいけません。仕事は、お金を稼ぐ為にやっているわけで、厳しいものです。優しさなんかよりも、結果が常に問われます。結果を出していくために、自分も必死でやらないといけません。

 

 この件を遂行するためには、時間の使い方を変えていかねばなりません。思い切って、やっていこう!!

 

 そんなこともあって凹んで、加えて連日の仕事の疲れと、この寒さで。今朝起きたら、喉が痛かったです。午後から喉の痛みはおさまったものの、今度は左耳に痛みが…。幸い今日は休日だったので、ドラッグストアで痛み止めの薬を飲んで家で休んでいたのですが。いまいち痛みがおさまりません。

 

 これが病院行かないと…ということで。祝日にやっている病院探して、さきほど行ってきたら、「耳の風邪ですね」と言われました。なんじゃそらと思いましたが。処方された薬を飲んだら、痛みがおさまりました。ホッとしています。

 

 あまりの痛さに、明日仕事行けるかなと不安でしたが、仕事行けそうです。こういう時に「仕事休む」と、「あいつやっぱり残業ばっかしてっから。体調崩したんだ」と自己管理能力を疑われますからね。ヤバい時、キツイ時こそ「仕事は休まない」ことが僕は良いと思っています。そこは意地を出して。「俺はこれぐらいじゃ。へこたれねんだよ」とアピールするべく、休まず、普段の仕事に全力で元気に取り組んでいくべきだと思っています。

 

 そう考えれば、まだ自分は運がある。そう信じて明日からも頑張っていこうと思います。

絵画取引による裏金作り

 

 裏金作りの方法として、絵画取引があります。絵画取引は、1500万円程度の絵画が2000万円で取引されても、問題視されません(*1)。絵画の価格は、実用的な面ではなく、「見る人の評価」によって決められます。取引毎に、価格の振り幅は大きくなります。

 

 1985~1986年平和相互銀行事件においても、絵画取引による裏金作りが行われました(*2)。平和相互銀行に起きた内紛解決の為、平和相互銀行経営陣から当時の大蔵大臣・竹下登に「お金」が渡りました(*2)。間に入ったのが真部俊生という画商です(*2)。平和相互銀行経営陣が真部から金屏風(時価1億円未満)を40億円で購入する取引方法が用いられました(*2)。結果、40億円の一部の「お金」が竹下登側に渡りました(*2)。

 

 具体的な絵画取引による裏金作りとして、以下の方法があります(*1)。例えばX社が政治家に裏金1000万円を渡したい場合です。

 

1.X社は画商Aから、領収書なしで、ある絵画を1500万円で購入します

2.X社は1500万円で購入した絵画を、お金のやりとりなしで、政治家に渡します

3.政治家は絵画を画商Aに1000万円で売却します

4.画商AはX社に、「該当絵画」と「1500万円の領収書」を渡す

 

 以上の取引で、政治家には1000万円のお金が渡りました。また媒介した画商Aにも500万円が渡っています。X社は領収書を「画商Aから絵画を購入した」経費として堂々と落とせます。物的な証拠としての絵画もX社に残っています。

 

<引用・参考文献>

*1 『DATAHOUSE BOOK 031 悪い金儲け』(高原明光、2005年、データハウス), p89-90

*2 『黒幕 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」』(伊藤博敏、2016年、小学館文庫), p91-92,101-104

明けましておめでとうございます

 遅くなりましたが(1、2日と仕事でした)、今年もよろしくお願い致します。

 

 今年も仕事の方で辛いことが沢山あると思いますが、逃げずに、果敢に立ち向かっていきたいと思います。以下、心掛けていきます。

 

即行動(「後でやる」は絶対ダメ)

 

分らないことは、勇気をもって聞く

*聞かないで、自分で工夫して打開してみるということはしない(聞くのが面倒なだけだと、最近気づきました)

 

情報収集を円滑にできるぐらいの人間関係は維持しておく

*無駄に仲良くし過ぎる必要もありませんが、日々維持していきたいです

 

叱られても、めげず、しっかり咀嚼して次に活かしていく

*ある意味、叱られるのは有難いことです。それを常に忘れず、「プロセス」ではなく「結果」で返していきたいです

 

以上をしっかりやっていきます。

 

1年間お世話になりました

 今年は色々あった年でした。ともかく資格試験に合格したこと、そして就職できたこと、この2点が大きかったですかね。ただ働いてからは、苦労の連続でした。

 

 改めてもっと専門学校時代、勉強しておけばよかったなーと後悔しました。1年目ということで、雑務やイベント参加(その準備)など、そのことで苦労することもありました。でもあらゆることに対して、真正面からぶつかって、全力でやってきました。そのことだけは、よくやったかなと自分で思っています。

 

 今後も仕事中心の生活になっていきます。ブログは細々ですが、続けていきます。継続は力なりですからね。

 

 来年もよろしくお願い致します!!!よいお年をお迎えください。