オッズの計算式

競馬のオッズ(的中馬券の倍率)は、計算式に基づいて決定されています。単勝式の場合、「勝ち馬の票数」を「総票数」で割り、その逆数に払戻率を掛けると、オッズが算出されます(*1)。{1÷(「勝ち馬の票数」÷「総票数」)}×払戻率、以上の計算式となります…

キスバン

韓国には日本同様、ライトな性風俗店があります。よく知られているのがキスバンです(*1)。キスバンはキスとハンドサービスを客に提供します(*1)。いわゆる本番はありません(*1)。しかしキスバンは摘発による廃業が多く、インターネットで店を見つけるのは困…

街娼

街娼(通称:立ちんぼ)は店やポン引きを介さず、客と直接取引する為、客からの代金を全額収められます。2016~2018年の情報では、街娼料金は60分1万円(*1) (*2)、60分1万5000円 (*3) (*8)、60分9000円 (*4)、5000円(*5)、60分1万3000円 (*6) (*7)でした。8…

ギャンブルのあたる確率

ギャンブルで当たる確率は低いです。例えば競輪の場合、2車単(1、2着の着順の車番をあてる)は72通りあります(*1)。競輪は9人のレーサーによって行われます。車番③が1着と予想した場合、車番③以外の8人が2着になります。「車番③を1着とする2車単」は8通りで…

盆暮れの覚醒剤末端価格

覚醒剤の末端価格(消費者価格)は1パケ(0.3g)1万円でした(*1)。消費者は覚醒剤を最小で1パケから購入できました。覚醒剤1回分の使用量は0.02~0.03g でした(*2)。1パケに約10回分の使用量が入っていました。しかし覚醒剤を使用するにつれ、耐性ができ、1…

手形

企業間取引決済の1つとして、手形による支払いがあります。手形は有価証券です(*1)。A企業がB企業から商品を仕入れ、代金を手形で支払った場合、A企業が「手形の振出人」、B企業が「手形の受取人」となります(*1)。 手形を振出したいA企業は、銀行に当座預金…

天王新地

関西の「ちょいの間」で全盛期に比し、衰退しているのが天王新地(和歌山市)です(*1)。全盛期30軒(*1)、もしくは40軒ほど (*2) の店があったといわれています。しかし2018年時点、天王新地の「ちょいの間」6軒ほど営業しています(*2)。大幅に店数が減少して…

パチンコ店のミカジメ料

公営ギャンブル(競馬、競輪等)を除いて、日本では賭博ビジネスは法律上認められていません。しかし実質パチンコ店は賭博ビジネスを行ってきました。 パチンコ店は景品交換所を介して、勝った客に金を渡しています(*1)。パチンコ店で勝った客に金を渡すのは…

博徒組織の高寅一家

双愛会2次団体・高寅一家は千葉県銚子市を拠点に活動してきました(*1)。銚子市は千葉県北東部に位置し、太平洋に面する漁業の街です。双愛会2次団体・上金一家、寺島一家も銚子市を拠点に活動してきました(*1)。 高寅一家の創設者は高橋寅松でした(*2)。高橋…

関東尾津組と関口グループ

極東会の源流であるテキヤ組織・関口グループが太平洋戦争後(1945年以降)、拠点とした池袋から新宿に進出します(*1)。進出要因の1つとして、新宿の露店市場において多大な影響力を持っていた関東尾津組組長の尾津喜之助の「許可」がありました(*1)。 尾津…

新宿闇市を開設したテキヤ組織

太平洋戦争終了時(1945年)以降、東京・新宿で闇市(露店市場)が開設されました(*1)。露店市場を仕切っていたのがテキヤ組織でした。新宿では尾津喜之助の飯島一家小倉二代目尾津組が早く露店市場を開設しました(*1)。 その後、他のテキヤ組織も新宿で露店…

麻雀荘

ヤクザ組織によるミカジメ料徴収の対象として、麻雀荘があります(*1)。知られているように、麻雀荘において客同士による賭け麻雀が行われています。法に照らせば、賭け麻雀をした客に賭博罪、店に賭博場開張等図利罪が適用されます。しかし警察組織は検挙せ…

4組織に分割された旧柳川組

山口組2次団体・柳川組(山口組の活動期間:1959~1969年)(*1)は、1961~1964年全国各地に進出(*2)、山口組の広域化に大きな役割を果たしました。柳川組の進出方法としては、地元ヤクザ組織との抗争に加えて、地元ヤクザ組織の一部勢力の吸収等がありました…

トイチ

闇金融で用いられる「トイチ」は、「10日で1割の利子」という意味です(*1)。利用者は10万円借りたら、10日後「11万円」で返済します。闇金融の利用者で元金を返せる人は恐らく稀で、1割の利子を返し続けることになります。1年間の利子返済額は約36万円([36…

外若

ヤクザ組織に外若(そとわか)という者がいました(*1)。「外の若い者」という意味合いから来ていると考えられ、外若は組織の会議に出ず、上納金を払いませんでした(*1)。外若はいわゆる「準構成員」の部類に入ると考えられます。広島のヤクザ組織がよく用い…

酒梅組

酒梅組は大阪市を拠点に活動し、2016年時で約30人の構成員を抱え、公安委員会から指定暴力団に指定さています(*1)。酒梅組は明治中期、鳶梅吉によって結成された博徒組織です(*2)。以降、酒梅組は大阪市の中央区、浪速区北部を活動範囲としました(*3)。現在…

瀬戸一家

山口組2次団体・瀬戸一家は、江戸時代末期に生まれた博徒組織を由来とします(*1)。瀬戸一家は1991年山口組の傘下に入りました(*2)。過去、瀬戸一家の縄張りは日本最大といわれました(*2)。1961年瀬戸一家が中京熊屋恵那分家の田中亀吉に貸し出した縄張り(…

砂子川組

かつて大阪に砂子川組という1次団体がありました(*1)。砂子川組は明治中期、西村伊三郎によって結成されたヤクザ組織でした(*1)。日露戦争にも砂子川組は参加しました(*1)。砂子川組は弾薬搬送の仕事を担いました(*2)。 1996年時点、砂子川組は守口市滝井に…

ショバ割り

高市(祭りや縁日)で露店を出す際、売上を左右するのが「立地」です。各店舗の位置決めを、ショバ割りといいます(*1)。またはミセワリともいいます(*2)。最も良い場所は「ホンドバ」、最も悪い場所は「ガリ」と呼ばれて、両者の売上は数十倍異なってきます(…

真誠会

テキヤ組織唯一の指定暴力団・極東会の中において、中核2次団体が松山連合会です(*1)。松山連合会の2次団体に、真誠会(極東会3次団体)があります(*2)。真誠会は新宿の歌舞伎町に拠点を置いています(*2)。真誠会会長は棚本清己で、極東会内では棚本清己は総…

覚醒剤の価格

覚醒剤の消費者価格は固定的です。覚醒剤は0.2~0.3gに小分けされ、消費者に販売されています(*1) (*2) (*3)。資料によって販売価格は若干異なります。「0.2g=1万5,000円」とい価格設定があれば(*1)、「0.25g=1万円」(*2)や「0.3g=1万円」 (*3)という価格…

平塚一家と鶴川一家

さいたま市大宮に活動拠点を置くヤクザ組織が平塚一家です(*1)。平塚一家は住吉会2次団体です(*1)。大宮はソープランド街を持つなど、歓楽街として有名です。平塚一家は明治時代、平塚勘次によって結成されました(*1)。平塚勘次は東京・本郷を活動拠点とする…

合田一家のトップ在任期間

合田一家は山口県下関市を本拠地とするヤクザ組織で、公安委員会より指定暴力団に指定されています(*1)。2016年時、合田一家は山口県をはじめとする3県を活動範囲とし、約90人の構成員を有していました(*1)。合田一家は1948年、下関で合田幸一によって結成さ…

総裁

2018年8月現在、指定暴力団(全24団体)のヤクザ組織で、総裁職を置いているのは松葉会(台東区)、俠道会(尾道市)、共政会(広島市)、工藤会(北九州市)、浪川会(大牟田市)の5団体です。 松葉会総裁は荻野義朗(2014年~)です (*1)。俠道会総裁は池…

覚醒剤の密輸方法

覚醒剤は製造過程で熱と悪臭を生む為、製造場所は露見しやすいです(*1)。1951年覚醒剤取締法が制定され、日本において製造、輸入、所持、使用等が禁止されました(*2)。1951年以降、日本国内で覚醒剤を密造することは困難になっていきました。日本国内で覚醒…

中里一家、馬橋一家、共和一家

千葉県に拠点を置く住吉会の2次団体として中里一家、馬橋一家、共和一家が知られています。3団体とも千葉県西地域に拠点を置いています。 中里一家は明治時代に立ち上げられた博徒系組織で、野田市に拠点を置いています(*1)。住吉一家二代目総長・倉持直吉(…

デリヘルの宣伝装置

派遣型性風俗サービスのデリバリーヘルス(デリヘル)の集客において、看板は禁じられています(*1)。一方、店舗型性風俗店は店の前に看板を出しています。 デリヘルには営業地域があり、域内で宣伝していく必要があります。歓楽街にある風俗無料案内所がデリ…

関東出身組織が関西の都市に拠点を持つ

「関西出身組織が関東の都市に拠点を持つ」という話はよく聞かれます。神戸発祥の山口組が、1960年代以降、膨張路線をとったことが背景にあります。逆の「関東出身組織が関西の都市に拠点を持つ」という話は少ないです。山口組の牙城・関西に進出することは…

極東会と松山連合会

極東会は日本最大のテキヤ組織と言われ、公安委員会から「指定暴力団」の指定を受けています(*1)。テキヤ組織では、極東会だけが「指定暴力団」です(*1)。2016年時点、極東会は1都1道12県を活動範囲とし、構成員約590人を有していました(*2)。 極東会の中核…

賭場の関連ビジネス

博徒組織が開帳していた賭場で、提供されていたのは博打だけではありませんでした。飲食も振舞われていました。常設的な場所で定期的な日に開帳されていた賭場は、常盆と呼ばれました(*1)。博徒組織の賭場が栄えた1964年以前の常盆(*2)では、業者が賭場に出…