株・投資

株式市場における増資とは

売上拡大を図る企業は、設備投資や社員増員の施策を打ち出します。当然、多額の資金が必要になります。内部留保の金が潤沢であれば、その切り崩しで賄えます。しかし潤沢でない企業は、外部に資金を求めます。典型的なのが銀行からの借金です。ただし上場企…

ハワイ不動産投資

アメリカ合衆国ハワイ州への投資対象として、主に2つあります。ハワイの不動産と会社です。ハワイの会社については、M&Aにより経営権を手に入れる方法です。ここでは不動産について説明してきます。不動産投資の利点の一つとして、大災害でも起きない限り、…

「コメダホールデイングス上場予定」から考える情報の読み取り方

週刊新潮2016年6月2日号の記事(34p)は、チェーン店・コメダ珈琲を展開するコメダホールデイングスが6月下旬にも東証1部に上場予定であることを、伝えています。週刊新潮の記事によれば、「目下、コメダ珈琲の国内店舗数は676で、1340のドトールグループと…

経済記事に出てくる根抵当権とは?

裏社会が絡む経済事件において、動く金額が大きい不動産取引は必ず登場します。経済事件を描いた記事を読むと、不動産の専門的用語につまずき、内容の理解が妨げられることがあります。例えば、根抵当権という言葉です。似た言葉の「抵当権」という言葉はよ…

金融機関の取引現場では、マイナス金利が存在する

日銀が民間銀行に科すマイナス金利のニュースが注目を浴びました。一方、金融機関の取引現場においては、すでにマイナス金利を伴う取引が行われています。日本企業が海外企業に投資する場合、日本の民間銀行(邦銀)に投資に必要な「多額のドル」の調達を依…

日銀のマイナス金利

日本の中央銀行を務める日本銀行(日銀)がマイナス金利に踏み切ったことが話題となっています。日銀への「預金者」は日本の民間銀行に限られています。日本の民間銀行は保留している現金を一部日銀に「預金する」義務を負わされています。銀行預金準備制度…

東芝社債

不適切会計処理で市場から問題視されている東芝が15日に東証から特設注意市場銘柄に指定されることが、14日明らかになりました。問題が発覚した5月以降、500円台に届きそうにいた東芝の株価は下落し続けています。14日の終値は314.8円となっています。 *今…

トヨタのAA型種類株

自動車メーカー大手のトヨタ自動車の株主総会が6月16日に開催されました。今回の株主総会で話題の中心になったのが「AA型種類株」という新型株です。普通株とは異なり、特別の権利を与えられるのが種類株で、16日の株主総会でAA型種類株の発行が認められまし…

金や人脈に乏しければ、頭を使う

株式投資において、資金の多さや有益な情報を与えてくれる人脈は有利に働きます。とはいえ、多くの人々はお金も人脈に乏しいのが実態です。しかし、頭を使うことはできます。現在低い株価に位置しているものの、将来上ることが予想される株式に投資します。…

ドル高が原油安の要因の1つ

2014年夏頃から、急速な下落に見舞われた原油価格は今も低落基調にあります。原油安の要因はいくつも挙げられます。まずアメリカのシェールオイル産業の台頭があります。原油を大量に輸入していたアメリカの国内で、シェールオイルという原油を近年採掘する…

ベネズエラの外貨管理制度

南米諸国の1つベネズエラが、原油価格の下落により、経済苦境に陥っています。ベネズエラ経済の脆弱性として、過度な石油依存があります。JETROの情報による2012年ベネズエラ経済の数字(アメリカドルで換算)が示しています。輸出額97340百万ドルの内、石油…

『21世紀の資本』

海外で話題だった経済書『21世紀の資本』の日本語版が昨年12月発売され、昨今の出版不況の逆風をものともせず、好調な売上を見せています。幅広い時代・地域を網羅した膨大なデータを基に、資本主義が必然的に格差を作り出すことを実証しています。著者はフ…

スイスフラン高の背景と影響

1月15日、スイスの中央銀行は自国通貨スイスフランに対する、上限を設けた無制限の為替介入停止を明らかにしました。2011年9月以降、スイスの中央銀行はスイスフラン安に誘導する施策を打ってきました。JETROによれば、2013年スイスの名目GDPは約6357億スイ…

通貨ルーブルの制度を変えたロシア

11月10日ロシア中央銀行は、通貨ルーブルの為替相場体制の変更を発表しました。これまでの「管理変動相場制」をやめて、来年1月から「完全変動相場制」に改めます。ウクライナ領であったクリミア地域を今年3月にロシアが併合した事で国際社会の反発が起きま…

フラッシュ・ボーイズの手口

アメリカ株式市場における超高速取引業者の狡猾な手口を暴いた『フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち』(以下『フラッシュ・ボーイズ』)という書籍が先日発売されました。『フラッシュ・ボーイズ』によれば、「フロントランニング」(先回り)と呼ば…

手形とは何か

電子決済の登場によって、手形の存在感が薄まっています。「手形」という言葉を聞く機会も減り、「あの約束は、空手形だったのか」(約束が果たされなかった)という文句などを聞く程度です。長年の歴史がある手形は現在も使われていますが、今後電子決済の…

MSCBとは何か

株式市場に上場する企業は、資金調達の1手段として、新株発行を実施できます。新株発行の懸念として、「1株の希薄化」とそれに伴う「株価の下落」が挙げられます。例えば、A社の既存発行株数が11億株だったとします。市場に出回っているのが5億株です(残り…

仕手株

さてこの前は、『仕手株でしっかり儲ける投資術』本を読みました。著者は中原圭介さん。以前週刊現代で中原さんが連載をされていた時に知りました。分かりやすい文章が特徴で、私にもよく理解できた連載でした。この本も分かりやすかったです。そして中原さ…