西日本のヤクザ組織

山口組3次団体となった独立組織

山口組五代目渡辺芳則組長体制が開始した1989年から1993年までの5年間、西日本をはじめとした各地の独立組織が山口組の傘下に入りました(*1)。 1989年9月テキヤ系組織・寄居関保連合(北海道旭川市)が山口組に入り、山口組2次団体となりました(*1) (*2)。 1…

太政官

かつて関西には太政官という独立組織がありました(*1)。1949年の団体等規制令により太政官は解散を余儀なくされました(*1)。1958年太政官の香西支部長だった若林暲は、旧太政官勢力を集め若林組を香川県で立ち上げました(*1)。1962年若林組は山口組2次団体・…

弘道会の九州の組織

山口組2次団体・弘道会の九州に拠点を置く傘下団体として、西部連合と西心会などがあります(*1)。西部連合の由来は、1955年佐賀県唐津市で西山久雄によって結成された西山組でした(*2)。西山組は1975年、西山一家に改称しました(*2)。1982年西山一家は福岡県…

淡熊会

かつて大阪に淡熊会という博徒組織が活動していました(*1)。「老舗」と言われ、明治時代に発足しました(*2)。1990年代、淡熊会は解散しました(*1)。 1991年7月淡熊会を出身母体とする諏訪一家(西宮市)が山口組傘下に入りました(*3) (*4)。ちなみに柳川組創…

小西一家の傘下に入ったテキヤ組織

山口組田岡一雄三代目時代(1946~1981年)(*1)、山口組の勢力拡大に貢献した2次団体の1つが小西一家でした(*2)。小西一家は、田岡一雄の子分・小西音松をトップとする組織で、構成員1,500名と言われた時代もありました(*2)。初代小西一家は、小西音松が死去…

倭奈良組と九紋龍組

かつて大阪の老舗博徒組織として、倭奈良組が知られていました(*1)。倭奈良組を立ち上げたのは、吉川奈良吉です(*1)。吉川奈良吉は出身地の奈良から、青年時代大阪に出て博徒としての修行を開始します(*1)。吉川奈良吉率いる倭奈良組は勢力を拡大し、大阪の…

道仁会の抗争(1970~1980年代)

九州の広域団体・道仁会は1971年、初代会長になる古賀磯次によって結成されました(*1)。古賀磯次は久留米市の高校を卒業後、久留米信用金庫に就職しています(*1)。2年で久留米信用金庫を辞めて、地元の博徒組織に入りました(*1)。古賀磯次は1934年生まれです…

村上一家

九州の有力な2次団体として知られるのが村上一家です。村上一家は浪川会(大牟田市)の2次団体です。2016年8月福岡市で村上一家が山口組2次団体・伊豆組とトラブルを起こし、村上一家が中州を練り歩く示威活動を行いました(*1)。山口組に対して対抗する動き…

忠成会と松浦組

兵庫県神戸市に拠点を置き、暴対法の「指定暴力団」に指定されていないヤクザ組織として知られるのが、忠成会と松浦組です。同じく神戸市を本拠地とするのが日本最大の指定暴力団・山口組です。忠成会は太平洋戦争後、神戸市の繁華街・新開地で地盤を築いて…

シマ割り

旭琉会二代目会長・多和田真山時代(1976~1982年)、沖縄で「シマ割り」という縄張りの再編が行われました(*1) (*2)。旭琉会2次団体の14組織に対して、1次団体(旭琉会)が縄張りの地域を選定、割り振るという内容でした(*2)。シマ割りの対象は沖縄本島内で…

大阪の名門テキヤ組織・今西組

大阪の名門テキヤ組織として知られたのが今西組です(*1)。初代組長・今西貞吉が明治時代に立ち上げました(*1)。今西組二代目組長を辻野巳之吉が継ぎ、三代目組長を辻野清八が継ぎました(*1)。三代目組長の辻野清八は、二代目組長の辻野巳之吉の実子です(*1)…

五代目山口組の上納金の変遷(1次団体における)

五代目山口組時代(1989~2005年)、2次団体トップ(直参)が毎月支払う上納金額は変遷していました。五代目体制が開始した1989年から1994年7月は「最高幹部・舎弟:105万」「直参:85万円」の上納金でした(*1) (*2)。1994年8月~1997年は「最高幹部・舎弟:…

福博連合

九州・福岡県福岡市に拠点を置く福博会は、1985年9月に立ち上げられた親睦団体「福博睦会」を源流とします(*1)。梅津会、羽衣会、太田会、強友会、太住会、平野組、中丸会、永尾一家の博多地区の独立団体に加えて、山口組2次団体・伊豆組の計9団体によって親…

日本國粋会2次団体だった紙谷一家

2005年まで独立団体として活動していた日本國粋会(1991年「國粋会」に改称)は(*1) (*2)、2004年時点で1都4県を活動範囲としていました (*3)。内訳は東京都と信州斉藤一家(諏訪市)の長野県(*4)、吉田川一家(富士吉田市)の山梨県(*5)、残りの2県は関東圏…

独立団体の石湊会

『週刊アサヒ芸能』2017年9月7日特大号において元山口組組員の作家・沖田臥竜が、長崎県内最大のヤクザ組織・石湊会が「指定暴力団」に指定される予定であるという内容の記事を書いています。沖田臥竜の記事によれば、石湊会は元々山健組傘下の組織で、2015…

ゴザの風俗店の歴史

沖縄のヤクザ組織及び風俗業界の歴史を語る上で、ゴザ市(現在の沖縄市)の存在は外せません。1950年米軍統治下の沖縄において、米軍兵士を対象とする歓楽街が越来村ゴザ地区に初めて誕生しました(*1)。米空軍のメイヤー中佐が越来村の村長に、米軍兵士の歓…

大日本平和会

かつて大日本平和会というヤクザ組織がありました。1990年代公安委員会から「指定暴力団」としても指定されていました(*1)。大日本平和会は1997年5月に解散、現在は存在していません(*1)。大日本平和会の前身組織である本多会は、太平洋戦争後神戸市に拠点を…

松山連合会

1989年、四国の愛媛県松山市を拠点とする地元ヤクザ組織が集い、松山連合会が結成されます(*1)。松山連合会に参加したのは、岡本会、兵藤会、伊藤会、石鉄会、大西組です(*1)。岡本会と兵藤会は、戦後松山市で勢力を張っていた郷田会を出身母体とします(*2)…

道仁会と幸平一家の関係

道仁会の小林哲治会長と住吉会幸平一家の加藤英幸総長は兄弟関係にあると言われています(*1)。2012年稲川会を脱退して独立団体として活動していた山梨俠友會が、2016年稲川会に復帰します(*2)。一度脱退した経緯があることから、山梨俠友會は一旦解散、名称…

任侠団体山口組の勢力範囲

4月末に発足した任侠団体山口組の参加団体が明らかになってきました。『週刊実話』2017年6月8日号には、参加団体の拠点地が掲載されています。参加団体の拠点地の分布から、任侠団体山口組の勢力範囲を推測できます。参加団体(2次団体)によって、組織規模…

小桜一家

鹿児島県で活動する独立団体のヤクザ組織として、小桜一家があります。2015年時点で、小桜一家は構成員約70人を抱え、鹿児島県内のみで活動しています(*1)。また別の資料(『実話時代』2015年2月号「二〇一五年度版指定21団体最新勢力マップ」)では、2012年…

山口組と船内荷役業

太平洋戦争後、兵庫県神戸市を本拠地とする山口組は1960年代まで神戸港の荷役業に深く関与していました。明治開始以降、国際貿易の港として位置づけられた神戸港は発展していきます(*1)。港の利用増加とともに、港湾荷役の業務も大量に発生していきます。機…

東組

関西のヤクザ組織で際立つ存在として知られるのが、大阪市西成区に本部を置く東組です。関西のヤクザ組織で、各府県の公安委員会から「指定暴力団」と認定されているのは2017年現在、山口組(神戸市)、神戸山口組(淡路市)、東組(大阪市)、会津小鉄会(…

縄張りに関する浅野組の考え方

ヤクザ組織において自組織の縄張り(支配地域)防衛は、死活的な課題です。1次団体のヤクザ組織・浅野組は、縄張りの防衛に関して、独自の考えを持っています。浅野組は、岡山県最西部に位置する笠岡市に本拠地を置いています(*1)。1955年頃、浅野眞一によっ…

会津小鉄会本部事務所には講義室がある!

会津小鉄会が本部事務所を置く建物「会津小鉄会館」は京都市下京区にあります(*1)。1989年11月、四代目会長高山登久太郎の時代に、会津小鉄会館は建てられました(*1)。 会津小鉄会館は約250坪の敷地にあり、鉄筋4階建ての内容です(*1)。1階の駐車場に大型外…

会津小鉄会の内紛の調停者として稲川会の可能性を考えてみた

京都の独立ヤクザ組織・会津小鉄会の内紛が続いています。内紛は、六代目会長馬場美次の後継者人事を巡る争いに端を発しています。人事争いの裏には、会津小鉄会の今後採るべき外交戦略を巡る争いがあります。神戸山口組と友好的関係を結ぶ意向の馬場会長派…

会津小鉄会と山口組の関係

会津小鉄会は、幕末~明治において京都で活動した大物博徒・上坂仙吉が組織した博徒組織・会津小鉄一家を「源流」としています(*1) (*2)。組織名は上坂仙吉が別名「会津の小鉄」と呼ばれていたことから由来しています(*2)。仙吉実子の上坂卯ノ松二代目の死後…

会津小鉄会に入った浪速の老舗組織

かつて、京都市に本部を置く1次団体・会津小鉄会に、大阪の老舗ヤクザ組織が加わったことがあります。中政組です。中政組の初代は、末広政吉です(*1)。末広政吉は、幕末から明治において“浪速の大侠客”と呼ばれた小林兵吉の代表的な子分でした(*1)。末広政吉…

旭琉會

沖縄県に地盤を持つヤクザ組織として、旭琉會(きょくりゅうかい)があります。旭琉會以外のヤクザ組織は近年沖縄県に進出、活動していません。沖縄県の裏社会は旭琉會により独占されています。警察庁「平成27年の暴力団情勢」によれば、旭琉會の構成員は約3…

道仁会・小林哲治と浪川会・浪川正浩の存在感の高まり

現在、ヤクザ業界の外交活動で存在感を発揮する人物がいます。道仁会の小林哲治と浪川会の浪川正浩です。今年2月、稲川会の内部問題が1つ解決に至りました。2011年5月、稲川会の傘下団体・山梨一家が稲川会から脱退、山梨俠友會を立ち上げます。以後山梨俠友…