利益を見込める舞台公演とは

 舞台公演は収益性が低い事業です。舞台公演の売上は言い換えると、「席数の販売」であります。例えば、席数1000の劇場で10公演を実施した場合、販売できるチケットは1万枚です。人気があり1万を超える予約があっても、音楽CDや映画DVDのように増産して対応することができないのが、席数商売の宿命です。1万枚のチケットを全席5000円の価格で販売して、仮に完売した場合、売上は5千万円になります。5千万円が売上の上限額です。また舞台公演における費用部分は小さくありません。劇場を一定期間借りる為の劇場使用料、舞台美術や照明に掛かる費用、俳優に払う出演料等、舞台公演の主催者は多額の金を必要とします。売上に上限があり、費用部分が大きいので、舞台公演は少ない利益しか生み出せないのが実態です。

 舞台公演のチケットを売るのは至難の業です。映画は1枚2000円未満の料金です。一方、席数が限られ費用が高い舞台公演は、薄利多売の手段でチケットを販売する映画事業とは、性格を異にしています。限られた客を相手にして利益を生み出すのなら、自ずと1枚3千円~1万円という高価格帯でチケットを販売することになります。無料でテレビドラマを視聴できる現在において、数千円を払って見る舞台公演の需要は決して多くありません。舞台公演から人の足を遠ざけている要因として、鑑賞に伴う身体的・精神的負担は見逃せません。映画鑑賞も同様ですが、約2時間同じ席に座り続ける行為は、身体に負担を掛けます。さらに舞台の内容は、映画以上に鑑賞する人に集中力を求めてきますので、精神的にも負担があります。この負担を嫌って、舞台公演に行かない人は多いです。舞台公演の主催者はこれらのマイナス要素を抱えてチケットを売っていかないといけません。

 利益を生み出している舞台公演もあります。劇団四季をはじめとした大規模劇団や有名俳優が主演する舞台公演です。有名俳優という「広い市場を持つ商品」×舞台公演という「限られた市場」の組合せは、商売上優位に立つことができます。テレビドラマの主役を何度もつとめた事がある有名20代俳優は全国的に知られた存在です。日本全国という市場で商売している存在と言えます。その有名20代俳優が東京と大阪の劇場で一定期間公演される舞台に主演することになったとします。先ほど述べたように、舞台公演の席数(チケット)は「限り」があるのが特徴です。基本的に席数を増やしたくても増やせません。舞台公演とは「限られた市場」です。広範囲から客を呼べる一方、売れる場が限られていれば、買う難易度は高くなります。人々の購買意欲を促進させます。「舞台公演に出演する有名20代俳優」を見たければ、チケットを購入するしかありません。

 他分野でもこの組合せは採用されています。観光地で有名な京都は、「観光市場の中で知名度の高い存在」(=「広い市場を持つ商品」)×「京都という特定の土地」(=「限られた市場」)の組合せで、日本内外から沢山の観光客を呼び込んでいます。行列のできる有名個人ラーメン店の場合も同じです。「ラーメン業界では伝説的な店として知られている」(=「広い市場を持つ商品」)×「限られた地域に限られた店舗数のみ存在する」(=「限られた市場」)の組合せで、ラーメン好きな人達を沢山連れてきています。組合せを構成しているのは、「広い市場を持つ商品」と「限られた市場」です。この構成内容を変えて、考えてみましょう。まず「広い市場を持つ商品」×「広い市場」であれば、どこでも買える状況下になる為、人々の購買意欲を促進できません。また「限られた市場、つまり狭い市場しか持たない商品」×「限られた市場」の場合、商店街での商売同様、売上規模が小さくなります。最後の「限られた市場、つまり狭い市場しか持たない商品」×「広い市場」の場合、商品の波及効果が全く発揮できません。

 先程の有名20代俳優の場合、主演してきたテレビドラマにおいては「広い市場を持つ商品」×「広い市場」の組合せで展開していました。一方主演する舞台公演では「広い市場を持つ商品」×「限られた市場」の組合せに切り替わります。この経路こそが利益のある舞台公演を実現させます。舞台公演は、有名になった俳優(だけ)が稼ぐには良い手段なのです。逆に、有名ではない俳優が舞台公演に主演した場合、「限られた市場、つまり狭い市場しか持たない商品」×「限られた市場」の組合せの展開になるので、利益を出すことは難しいです。

 無名な劇団が新規の客を呼び込む為には、まず所属する劇団員がテレビに出ることが重要です。「無名な人」を短い期間に「有名な人」へと変換させる機能を「テレビという場」は持っています。テレビドラマの脇役として出演して知名度を上げることで、劇団に新しい客を連れて帰って来ることができます。