東芝社債

 不適切会計処理で市場から問題視されている東芝が15日に東証から特設注意市場銘柄に指定されることが、14日明らかになりました。問題が発覚した5月以降、500円台に届きそうにいた東芝の株価は下落し続けています。14日の終値は314.8円となっています。

*今回記事を作成するにあたり『日刊ゲンダイ』2015年9月12日号(11日発行)「プロはここを見る 経済ニュースの核心」(小林佳樹)の情報を参考にさせて頂きました。

 今後も東芝の株価の動向は予断を許しません。一方『日刊ゲンダイ』2015年9月12日号(11日発行)「プロはここを見る 経済ニュースの核心」(小林佳樹)によれば、冴えない株価とは対照的に、現在東芝社債が注目を浴びています。社債とは企業が投資家に行う借金の1種です。例えば、東芝は2014年 7月25日に「第60回無担保社債」を発行しています。総額300億円の社債を投資家に買ってもらい、4年後の2018年7月25日に東芝が投資家に300億円を返済する仕組みの社債です。もちろん投資家にとって不可欠な利率もあります。年0.40%で、50万円分の社債を購入した投資家は1年に2000円の利子を得ることができます。4年間で8000円の利子となります。

 社債の特長は、期日の償還日に「戻ってくる金額」が確定していることです。つまり50万円分の社債を購入したら、期日には「50万円」が返済されることが大方読めるのです。特に東芝のような大企業であれば、社債が返済されない確率は低いです。一方、株の場合は、未来のある日に「売れる金顎」を確定することは難しいです。株は「借金」ではなく「出資」である為、社債とは異なる性格を有します。株は不確定要素が多いです。東芝社債は現在3700億円発行されており、社債市場に流通しています。しかし不適切会計処理問題で、東芝社債格付け機関から格下げの指定に遭う可能性が高いです。投資機関によっては、「格下げになった社債」を売る決まりになっているところもあります。その流れから、東芝社債は現在売られて、社債市場において東芝社債は安くなっています。

 返済金額が確定している社債で儲ける為には、安く購入することが重要です。期日に「50万円」返済される社債が、社債市場において40万円で購入できるのであれば、10万円儲けることができます。東芝社債は今そういう状況下にあります。夕刊紙に掲載された時点で、海千山千の投資家達はすでに先回りしています。一般人がこの動きに付いていくのは危険です。しかし大企業の不祥事において、該当企業の株と社債の価格は下がるものの、社債に至っては運用の機会になりうるということです。もちろん社債が返済できない、つまり企業自体が潰れないことが大前提にはなります。