神戸山口組の西脇組と俠友会

 神戸山口組若頭の寺岡修が率いる組織(2次団体)が俠友会です。俠友会は兵庫県淡路島の淡路市内にある本部事務所を拠点に活動しています(*1)。現在、俠友会の本部事務所は1次団体・神戸山口組の「総本部」としても使用されています。寺岡修のヤクザとしての経歴は、三代目山口組体制(1946~1981年)下の2次団体・細田組(細田利明組長)から始まります(*2)。細田組は神戸市を本拠地として活動していた組織です(*3)。1982年、細田組は独立団体・大嶋組と淡路島で抗争を起こします(*3)。結果、大嶋組は解散に至り、寺岡修率いる組織が淡路島の裏社会で支配を強めていきます(*3)。しかし1983年、上部団体トップ細田利明が引退、細田組は解散します(*3)。寺岡修が移籍先として選んだのが西脇組(当時、山口組2次団体)です(*3)。

 

 1973年、西脇組は山口組2次団体・北山組の傘下組織(3次団体以下の組織)から、山口組2次団体に昇格します(*4)。1973~2008年まで長年西脇組トップにいたのが西脇和美です (*4)。1973年昇格時、実兄・西脇輝美はすでに山口組2次団体・西脇(輝)組のトップとして活動していました。1975年、西脇輝美は死去します(*5)。西脇組が西脇(輝)組の勢力を引き取ります(*5)。その西脇組に1983年移籍した寺岡修はしばらく西脇組内で活動します。1992年寺岡修率いる俠友会は、西脇組傘下組織から、山口組2次団体に内部昇格します(*3)。つまり俠友会の出身母体は西脇組になります。

 

 2008年長らく西脇組トップにいた西脇和美が引退、宮下和美が跡を継ぎます(*5)。宮下和美は、当初兄の西脇輝美の組に所属していました(*5)。1975年、西脇組が実兄の組織を吸収した際、宮下和美も西脇組に移籍します(*5)。1977年宮下和美は、西脇組の若頭補佐に就任、西脇組の執行部入りを果たします(*6)。寺岡修の西脇組在籍期間は1983~1992年の約9年間です。寺岡修も西脇組時代、執行部に近い位置にいたことは想像に難くありません。宮下和美は1947年生まれ(*6)、寺岡修は1949年生まれ(*3)、両者の歳の差は近いです。西脇組で約9年間ともに過ごし、歳が近いことから、宮下和美と寺岡修は強いつながりを持っていることが推測されます。同時に両者が率いる組織同士の結び付きも強いと推測されます。

 

 2015年8月末の山口組分裂劇において、西脇組と俠友会はともに山口組を脱退、神戸山口組の立ち上げに参加しています。宮下和美は現在、神戸山口組では舎弟を務めています(*5)。西脇組は神戸市を本拠地として活動しています(*5)。

 

<引用・参考文献>

*1 『最新ビジュアルDX版! 山口組分裂「六神抗争」365日の全内幕』(宝島特別取材班編、2016年、宝島社), p34~35

*2 『別冊 実話時代 山口組分裂闘争完全保存版』(2016年10月号増刊), p87

*3 『実話時代』2015年12月号, p45

*4 『六代目山口組10年史』(2015年、メディアックス), p105

*5 『実話時代』2015年12月号, p48

*6 『別冊 実話時代 山口組分裂闘争完全保存版』(2016年10月号増刊), p93