土建業も営んでいたヤクザ組織

 一昔前までは、ヤクザ組織が正業の土建会社を経営することがありました。戦後、復興事業に食い込む為に、土建会社を設立するヤクザ組織が増加しました(*1)。軍施設の多い広島では、ヤクザ組織が解体業務の為に、多くの土建会社を設立しました(*1)。大阪の独立団体・酒梅組は土建業の組織として「酒梅組」を登記した過去があります(*1)。戦時中も、ヤクザ組織が「土建業の仕事」として軍の基地を作っていました(*1)。またヤクザ組織の中には、ヤクザ組織の要素を捨て、正業の土建会社のみの組織として活路を見出した組織もありました(*1)。

 

 大阪にかつて、い聯合(れんごう)というヤクザ組織がありました(*2)。池田大次郎を初代とする組織で、1993年1月い聯合は解散します(*2)。組織の解散を決めた三代目会長松井毅は、ヤクザ組織のトップ在任時から、大阪堺市を中心に土建業を営む経営者でもありました(*2)。松井毅の土建会社は、上場企業の大手建設会社からの下請け仕事をしていました(*2)。暴対法の施行前という時代もあり、ヤクザ組織に対して社会が寛容でした。しかし松井毅は1993年5月6日、経営する土建会社内で、い聯合の元メンバーに銃殺されます(*2)。

 

 また炭鉱業と近いヤクザ組織もありました。九州の独立団体・太州会は「炭鉱暴力団」と呼ばれる組織から発展してきました(*3)。当時太州会は、炭鉱労働者の「まとめ役」の仕事をしていました(*3)。太州会は、炭鉱が沢山あった筑豊一帯で勢力を張ってきたヤクザ組織です(*4)。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザ1000人に会いました!』(鈴木智彦、2012年、宝島SUGOI文庫), p142~143

*2 『ヤクザの散り際 歴史に名を刻む40人』(山平重樹、2012年、幻冬舎アウトロー文庫), p236~243

*3 『ヤクザ1000人に会いました!』(鈴木智彦、2012年、宝島SUGOI文庫), p25

*4 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p163