日本國粋会と港会が生まれた背景

 太平洋戦争終了から十数年後、関東のヤクザ社会において、各々のヤクザ組織は独立して活動するのではなく、各々の組織が集う形の大きな組織を作り始めていきます。1958年、関東に連合型の大組織が2つ誕生します(*1) (*2)。日本國粋会と港会です。日本國粋会は生井一家や落合一家等が参加して結成されました(*1)。日本國粋会の後継組織は、現在の山口組2次団体の國粋会と落合金町連合です。1991年日本國粋会は國粋会に改称します(*1)。2005年國粋会は山口組の傘下に入り、2011年國粋会から落合金町連合が2次団体に内部昇格し、現在に至ります(*3) (*4)。國粋会は、山口組の傘下に入った後も、國粋会内部では連合型の組織形態を維持していました(*5)。しかし2007年國粋会は組織形態を、國粋会を上位団体とする垂直型に改めました(*5)。

 

 一方港会は、住吉一家を軸として関東の博徒組織、テキヤ組織計28団体により結成されました(*2)。港会の後継組織は、現在の住吉会です。中核組織の住吉一家は名前の通り、東京の住吉や芝浦を縄張りとした組織でした(*6)。1958年当時、住吉一家のトップだったのが阿部重作です(*6)。住吉一家内からは、住吉会2次団体の向後睦会や大日本興行の前身組織が生まれています(*2)。連合組織の港会初代会長には、住吉一家トップの阿部重作ではなく、幸平一家トップの青田富太郎が就任しました(*2)。幸平一家も東京に大きな縄張りを持つ組織であり、連合型の港会においては、住吉一家と同等の立場にありました。

 

 その後1964年に、港会は住吉会に改称します(*7)。しかし同年住吉会は“頂上作戦”と呼ばれる警察庁の厳しい取締りを受け、一旦解散します(*7)。1969年住吉連合の名称で組織が復活、1982年住吉連合会、1991年住吉会と改称して現在に至っています(*7) (*8)。住吉会は1991年の改称とともに、組織形態を連合型から、住吉会を最上位団体とする垂直型の組織に移行します(*8)。但し1998~2014年の間住吉会は連合型の組織に戻りますが、各団体は住吉一家の傘下団体となる形で垂直型の組織形態が維持されます(*9)。2014年以降、現会長の関功の就任に伴い、住吉会は再び住吉会を最上位団体とする垂直型に組織改編されました(*10)。

 

 日本國粋会と港会が結成された背景には、ライバル組織の伸張がありました。太平洋戦争後、構成員1万人以上を抱えるまでに、関東圏で勢力を拡大したのが関根組です(*11)。1936年、関根組は江東区墨田区を拠点として結成された組織です(*11)。関東圏の土建業に大きな影響力を及ぼしていたヤクザ組織でした(*12)。1949年、関根組の勢力拡大を危惧したGHQの圧力により、関根組は解散を余儀なくされます(*11)。関根組を立ち上げた関根賢は、その後ヤクザ社会から引退し、建設会社の経営者になりました(*11)。1953年、関根賢の部下であった藤田卯一郎が、旧関根組の勢力を集めて松葉会を結成します(*13)。戦後、既存の博徒組織やテキヤに属さない不良集団いわゆる愚連隊が首都圏や関西圏の都市部で誕生し、積極的に活動していきます。東京においては、在日二世である町井久之をトップとする愚連隊が在日朝鮮人を主なメンバーとして、既存のヤクザ組織と対抗していました(*14)。1957年、町井久之率いる愚連隊は「東声会」という組織名称に変更します。現在も、同じ組織名の東声会として、非指定暴力団ですが活動しています。また神奈川県では稲川組(現在の稲川会)が勢力を拡大していました(*15)。日本國粋会と港会に集った各々のヤクザ組織には、松葉会や東声会、稲川組に対抗する意味合いもあったと考えられます。テキヤ組織も同様の動きを見せます。1961年東京の関口グループを軸として、多数のテキヤ組織が集い、極東愛桜連合会が結成されます(*16)。極東愛桜連合会に集ったテキヤ組織も、ライバルのヤクザ組織に対抗する意味合いがあったと考えられます。

 

<引用・参考文献>

*1 『山口組 分裂抗争の全内幕』(盛力健児+西岡研介+鈴木智彦+伊藤博敏+夏原武、2015年、宝島社), p220

*2 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』(別冊宝島編集部編、2016年、宝島社), p130~131

*3 『山口組 分裂抗争の全内幕』, p223

*4 『六代目山口組10年史』(2015年、メディアックス), p79

*5 『実話時代』2015年10月号, p38

*6 『実話時代』2016年8月号, p38

*7 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p159

*8 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』, p132~133

*9 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』, p30~31

*10 『実話時代』2016年9月号

*11 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』, p20~21

*12『ヤクザ1000人に会いました!』(鈴木智彦、2012年、宝島SUGOI文庫), p143

*13 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』, p208~209

*14 『実話時代』2016年12月号, p32~33

*15『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』, p16~17

*16 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』(実話時代編集部編、2003年、三和出版), p13~14