会津小鉄会に入った浪速の老舗組織

 かつて、京都市に本部を置く1次団体・会津小鉄会に、大阪の老舗ヤクザ組織が加わったことがあります。中政組です。中政組の初代は、末広政吉です(*1)。末広政吉は、幕末から明治において“浪速の大侠客”と呼ばれた小林兵吉の代表的な子分でした(*1)。末広政吉の親分・小林兵吉が、若い頃、子分として身を寄せたのが京都の上坂仙吉の組織でした(*1)。上坂仙吉は会津小鉄会の初代にあたる人物です(*2)。小林兵吉は上坂仙吉の下で修行した後、大阪に拠点を移します(*1)。中政組にとって、初代は末広政吉ですが、初代の人間関係上、会津小鉄会とは強いつながりがあります(*1)。

 

 中政組は、1970年代後半から1980年代後半まで、トップ不在の期間がありました(*1)。しかし1988年山根四郎が五代目組長に就任します(*1)。その後、六代目組長に北野義信が就任します(*1)。そして、その後、中政組は、会津小鉄会入りします。2015年時点で、会津小鉄会の活動範囲は、北海道と京都府です(*3)。会津小鉄会は現在、大阪府において活動歴を示していません。インターネット上の情報によれば、中政組は解散したとのことです。

 

 <引用・参考文献>

*1『実話時代』2015年8月号, p101

*2 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p160

*3 警察庁平成27年暴力団情勢」, p28