違法薬物と規制する法律

 違法薬物の種類は多岐に渡りますが、規制する法律も単一ではなく複数あります。日本では「麻薬及び向精神薬取締法」「覚せい剤取締法」「大麻取締法」「あへん法」「医療品医療機器法」「毒物及び劇物取締法」の法律の下に、違法薬物が規制されています(*1)。各法律が対象としているのは以下の薬物です(*1)。

・「麻薬及び向精神薬取締法

【麻薬】モルヒネ、ヘロイン、コカイン等

合成麻薬】MDMA、LSD

【麻薬原料植物】コカ、マジックマッシュルーム

向精神薬メチルフェニデートリタリン)、睡眠薬

メチルフェニデートリタリン)、睡眠薬は「不適正使用」に限り規制

・「覚せい剤取締法

覚せい剤アンフェタミンメタンフェタミン

覚せい剤原料】エフェドリン、フェニル酢酸等

・「大麻取締法

大麻草、大麻製品(大麻樹脂を含む)

・「あへん法」

→けし、あへん

・「医療品医療機器法」

【指定薬物】亜硝酸イソブチル

・「毒物及び劇物取締法

トルエン、シンナー等

 あへん、モルヒネ、ヘロインの原料は、3つとも植物のケシを由来としています。しかし、あへんは「あへん法」、モルヒネとヘロインは「麻薬及び向精神薬取締法」によって規制されています。同じ原料であったとしても、規制する法律が同じという訳ではありません。

<引用・参考文献>

*1 『薬物乱用の現状と対策』(厚生労働省 医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課、2015年11月), p1~2