ピンクサロンの営業エリアは限られている

 1万円を切るお手頃価格でオーラルセックスを受けられる風俗サービスとして、ピンクサロンがあります。ピンクサロンの特徴は、他の風俗業態と異なり、表向き「飲食店」として営業しているところです(*1)。公的機関へは、風俗店ではなく飲食店として届け出がなされています(*2)。風俗店では「ない」以上、ピンクサロンの店内にシャワーや個室は設置されていません(*2)。ちょんの間の代表格である飛田新地も、ピンクサロン同様、料亭という「飲食店」として営業しています(*3)。

 しかしピンクサロンで提供されているのは性的サービスであるため、ピンクサロンの存在は非常に危ういものです。地域によっては、営業自体が厳しく規制されています(*4)。例えば、大阪府では京橋エリアだけを除いて、ピンクサロンの営業は認められていません(*4)。本厚木(神奈川県)は「ピンサロ天国」として知られ、店が多数営業しています(*5)。けれども本厚木の場合、続々と新規開業をしていった訳ではなく、昔からの店が残った結果であるようです(*5)。ただし歌舞伎町出身の若い経営者が本厚木の店を買い取り、リニューアルが奏功したことで、現在人気を呼んでいます(*5)。

<引用・参考文献>

*1 『フーゾク資本論 なぜセックスは「巨万の富」を生むのか?』(岩永文夫、2015年、文庫ぎんが堂), p208-210

*2 『週刊実話』2015年11月26日号「風俗新潮流 第27回 激安風俗」(梶山カズオ著), p183

*3 『週刊実話』2015年10月22日号「風俗新潮流 第22回 大阪・飛田新地」(慶封水著), p73

*4 『週刊実話』2016年5月12・19日号「裏・表風俗完全網羅! 全国ネオン街ワイド 最新版」, p229

*5 『日刊ゲンダイ』2016年6月13日号, p34