静岡県熱海で生まれた稲川会

 稲川会の圧倒的な占有率を占める都道府県として知られているのが、神奈川県です。2011年時点、神奈川県には約3610人のヤクザ組織人員がいて、その75%が稲川会の人員でした(*1)。太平洋戦争後から、神奈川県はヤクザ組織にとっては活動しやすい地域でした。日本有数の国際貿易港・横浜港を抱えており、密輸ビジネスに適した場所でした(*2)。横浜の中華街は、1945年から1970年代まで、香港やシンガポールから麻薬が密輸される拠点地でした(*3)。また米軍が戦後、横浜を接取していた為、米軍兵士を対象とする売春ビジネスも盛んでした(*3)。現在も神奈川県には、横須賀海軍施設(横須賀市)、陸軍のキャンプ座間(相模原市座間市)、厚木海軍飛行場綾瀬市大和市、海老名市)など計12の米軍施設があります(*4)。現在は少なくなっていると言われますが、ひと昔、日本の裏社会に流通した拳銃は、在日米軍横流しによるものが多かったです(*5)。米軍基地が沢山存在する神奈川県で活動するヤクザ組織にとって、拳銃確保は他府県に比べると容易であったことが考えられます。

 

 稲川会が発足した場所は、神奈川県ではなく、神奈川県の県境に位置する静岡県熱海市です。稲川会の創立者である稲川聖城は、1940年代網島一家という博徒組織で、代貸を務めていました(*6)。当時、熱海に縄張りを持っていたのが山崎屋一家でした(*6)。山崎屋一家は太平洋戦争後、朝鮮人系の愚連隊と衝突していました(*6)。山崎屋一家への応援部隊として、網島一家から熱海に派遣されたのが稲川聖城です(*6)。応援部隊としての功績もあったのか、1949年稲川聖城は山崎屋一家トップの五代目総長に就任します(*7)。外部出身者が他組織を引き継ぐというのは、関東のヤクザ社会では珍しいことではありませんでした(*8)。跡目候補に適材な人物がいない場合、他の組織からトップとなる人物を連れてきました(*8)。裏返せば、それを名目に、力のある組織による「乗っ取り」も多かったと考えられます。

 

 稲川聖城にとって山崎屋一家を引き継いだことは、ヤクザ社会で大きく飛躍する機会となりました。熱海は日本でも有数の温泉地です。首都圏から近いこともあり、観光客は豊富です。1964年ごろから、警察当局は賭場関係者を非現行でも逮捕していく方針に変更しました(*9)。現行犯でなくても証言によって賭場関係者が逮捕されるようになったことで、1964年以降ヤクザ組織の賭場ビジネスは下降線を描いていきます(*9)。裏返せば、1964年以前までは、ヤクザ組織の賭場ビジネスは盛んでした。温泉街でも常設の賭場がありました(*10)。熱海でも常設の賭場があり繁盛していたことは想像に難くありません。熱海から近い箱根塔ノ沢の温泉では、1964年3月19日、「総長賭博」という大きな賭場が開かれました(*11)。引退する住吉一家三代目・阿部重作総長の花会として、稲川会と住吉一家共同で開いたものとされています。一夜で約6億円が動くほどの莫大な収益を見込める賭場でした(*11)。

 

 1949年山崎屋一家を引き継いだ稲川聖城ですが、同年に稲川興業という組織を立ち上げます(*12)。稲川興業の立ち上げが、稲川会の始まりとされています(*12)。ちなみに1949年に立ち上げた組織を、「稲川組」とする説(*7)や、「稲川一家」とする説(*13)があります。山崎屋一家はその後、稲川会内の組織として、熱海を拠点に存続していきます(*14)。稲川聖城が稲川会トップになったことで、空席となった山崎屋一家総長には長谷川春治が六代目総長として就任しました(*14)。1974年、長谷川春治が稲川会2次団体・碑文谷一家総長に横滑りする形で就任すると、山崎屋一家七代目総長を稲川聖城実子である稲川裕紘が就任しました(*14)。1980年、稲川裕紘が山崎屋一家を吸収する形で稲川一家を立ち上げた結果、山崎屋一家は消滅しました(*15)。

 

 熱海には稲川会本家もありました(*16)。稲川会の二代目、三代目継承式は熱海の稲川会本家で実施されました (*17) (*16)。現在稲川会の盃儀式や義理事は、2007年5月に完成した稲川会館(横浜市)で行われています(*18)。

 

<引用・参考文献>

*1 『実話時代』2017年2月号「全国指定二十二団体最新版勢力地図」(人数はすべて警察資料による), p19

*2 『ヤクザ500人とメシを食いました!』(鈴木智彦、2013年、宝島SUGOI文庫), p255

*3 『週刊実話』2016年2月4日号「風俗新潮流 第36回 横浜・風俗街」(八木澤高明著), p172

*4 神奈川県サイト「県内米軍基地一覧表」

*5 『裏経済パクリの手口99』(日名子暁、1995年、かんき出版), p128

*6 『山口組永続進化論』(猪野健治、2008年、だいわ文庫), p210-211

*7 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』(別冊宝島編集部編、2016年、宝島社), p16-17

*8 『実話時代』2014年8月号, p40

*9 『ヤクザ大辞典』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編、2002年、双葉文庫), p108-109

*10 『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(鈴木智彦、2011年、文春新書), p195

*11 『ヤクザ大辞典』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編、2002年、双葉文庫), p250-251

*12 『実話時代』2014年8月号, p23

*13 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p159

*14 『実話時代』2015年3月号, p63

*15 『日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像』(別冊宝島編集部編、2016年、宝島社), p226-227

*16 『実話時代』2016年8月号, p106

*17 『実話時代』2016年8月号, p49

*18 『実話時代』2015年8月号, p14