極東桜井總家連合会の歴史

 極東桜井總家連合会というテキヤ組織がかつて存在していました。テキヤ組織である一方、1993年7月に静岡県公安委員会から「指定暴力団」に指定されて、ヤクザ組織の側面もあった組織です(*1)。極東桜井總家連合会の初代は桜井庄之助です(*2)。桜井庄之助は1916年横浜から静岡県沼津市に移り、1921年に桜井一家を立ち上げます(*3)。極東会の初代関口愛治は、桜井庄之助の子分でした(*2)。1924年日野清吉が桜井一家二代目を継承します(*4)。桜井一家は沼津で地盤を築いていきます(*4)。

 

 1961年、関口愛治の関口一家と横浜の飴徳グループとともに、桜井一家は極東愛桜連合会を結成します(*2)同年、桜井一家トップに山田惣一が五代目として就任します(*5)。1967年、警察庁の厳しい取締りにより、極東愛桜連合会は解散します(*2)。桜井一家勢力は「桜井總家」として活動していくことになりました。1974年芹澤政雄が六代目に就任します(*5)。翌年の1975年、桜井總家は福島の桜井一家古市組、甲府の桜井一家名取組、御殿場の桜井一家遠藤組を併合して、極東桜井總家連合会を立ち上げます(*5)。連合会トップの総長には、芹澤政雄が就任しました(*5)。1994年芹澤保行が七代目を継ぎました(*6)。しかし2004~2005年頃、極東桜井總家連合会は複数に分裂します(*1) (*7)。2005年に指定暴力団の指定も外されました(*1)。2004年時点の極東桜井總家連合会の勢力は、構成員数約330人で、活動範囲は6県に及んでいました(*8)。

 

<引用・参考文献>

*1 警察庁「平成17年の暴力団情勢」

*2 『実話時代』2014年8月号, p54

*3 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』(実話時代編集部編、2003年、三和出版), p31,38-39

*4 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』, p43

*5 『ヤクザの死に様 伝説に残る43人』(山平重樹、2014年、幻冬舎アウトロー文庫), p239-240

*6 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p164

*7 『実話時代』2015年3月号, p44

*8 警察庁「平成16年の暴力団情勢」