小桜一家

 鹿児島県で活動する独立団体のヤクザ組織として、小桜一家があります。2015年時点で、小桜一家は構成員約70人を抱え、鹿児島県内のみで活動しています(*1)。また別の資料(『実話時代』2015年2月号「二〇一五年度版指定21団体最新勢力マップ」)では、2012年時点で小桜一家は250人の勢力を擁していました(*2)。2012年時点で鹿児島県のヤクザ組織勢力は510人であり、小桜一家250人の勢力鹿児島県において最多で、次ぐのが旧山口組の220人です(*2)。山口組は2015年分裂して、山口組と神戸山口組に分かれました。山口組、神戸山口組ともに鹿児島県内に本部を持つ2次団体はありません。旧山口組においては、3次団体以下の団体が鹿児島県で活動していることになります。鹿児島県において、小桜一家の存在は大きいことが考えられます。

 

 小桜一家は1945年、大里清蔵によって設立された組織です(*3)。設立当初は、小桜組として名乗っていました(*3)。1952年までに、小桜組鹿児島市内のヤクザ組織を傘下に収めます(*3)。1969年、神宮司文夫が小桜組トップ(三代目)に就任すると、組織名を「小桜一家」に改称します(*4)。また就任数年後に、神宮司文夫は離島を含む鹿児島県内のヤクザ組織を統一します(*4)。1988年、四代目トップとして平岡喜栄が就任します(*4)。1992年には、小桜一家公安委員会から指定暴力団に指定されています(*5)。現在も、小桜一家指定暴力団として指定されています。2004年時点では、小桜一家の構成員は約110人いました(*5)。2015年時点の構成員数は約70人であることから、小桜一家の組員も他のヤクザ組織同様、減少していることが窺えます。

 

 小規模の独立団体にも関わらず、小桜一家は旧山口組と親戚関係を結んでいません。2015年時点で関西以西のヤクザ組織で、旧山口組と親戚関係を結んでいないのは、15団体中、東組、工藤会、道仁会、太州会、浪川会、小桜一家、旭琉会の7団体でした。また九州のヤクザ組織の親睦会「四社会」(工藤会、道仁会、太州会、熊本会)に、小桜一家は参加していません。四社会に参加していない九州のヤクザ組織は、小桜一家の他には、浪川会、福博会です。浪川会は、2006年道仁会から脱退した勢力によって結成された組織です(*6)。脱退後、浪川会は道仁会と激しい抗争を経ており、四社会には入りにくいです。福博会は山口組と親戚関係(同盟関係)にあることから、四社会には入っていません(*7)。小桜一家は広域団体の旧山口組に加えて、同一地域の九州の団体とも距離を置いていることが分かります。

 

<引用・参考文献>

*1 警察庁平成27年暴力団情勢」

*2 『実話時代』2015年2月号「二〇一五年度版指定21団体最新勢力マップ」(人数はすべて警察資料による)

*3 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p161-162

*4 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p71

*5 警察庁「平成16年の暴力団情勢」

*6 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』, p83

*7 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』, p82