良い情報を得るには相手の秘密を守れ

 という山健組の教訓の1つは、一般社会でも通じる言葉です。口の堅い者に、情報は集まるものです。

 

 世の中には、組織の上だが真ん中にいて調子乗って、下の立場の者の情報をベラベラとしゃべるお馬鹿さんがいますが。そんな人には、馬鹿な情報は集まっても。次第に、良い情報は集まって来なくなります。

 

 良い情報を得たければ、口の堅い人間になることです。そして立場の弱い人、漏らしても仕返しをしてこないであろう人達の情報もしっかり守ることが重要です。信頼は積み重ねていくもの、時間がかかるものですが。

 

 そして軽い連中と付き合わないことも重要です。職場や学校で話をしても、飲み会には行かないなど。適度な距離をとることが重要です。つい飲み会で人の秘密をばらしたら、軽い連中が大いに広めてしまう可能性があります。