温泉コンパニオン

 日本各地にある温泉地ですが、風俗業界と親和性が高いことで知られています。数ある温泉地と差別化する為、温泉に加えて「風俗サービス」も別途設ける温泉地が1970年代以降目立ってきます(*1)。「温泉」+「風俗サービス」を併設した温泉地は歓楽温泉と呼ばれます(*1)。ソープランドの風俗サービスがあることで有名だったのが雄琴温泉滋賀県)、別府温泉大分県)、皆生温泉鳥取県)でした(*1)。ちょんの間は道後温泉愛媛県)と下呂温泉岐阜県)、温泉芸者は有馬温泉兵庫県)と白浜温泉(和歌山県)、温泉コンパニオンは山中温泉(石川県)と山代温泉(石川県)と、各温泉地よって風俗サービスの特色がありました(*1)。

 

 温泉芸者は今は少なくなり、温泉コンパニオンが現在流行っています(*1)。温泉コンパニオンは、胸タッチやパンツ見せ程度のサービスにとどめるタイプと、過激な性的パフォーマンスや性的サービスを提供するタイプの、2つに大別されます(*2)。過激な性的パフォーマンスとは、全裸ストリップや女体盛りなどのことです(*2)。前者のコンパニオンの時給は3000円、後者のコンパニオンの時給は5000円です(*2)。コンパニオンは派遣会社に所属して、派遣会社が温泉地施設の宴会場にコンパニオンを送り込みます(*2)。後者のコンパニオンは、宴会後、「本番」行為を提供することもあります(*2)。料金の相場は1~2万円です(*2)。

 

 温泉コンパニオンの出自として、営業成績の低いソープ嬢がいます(*2)。ソープランド側が派遣会社に紹介する形で、ソープ嬢を移籍させるのです(*2)。ソープランド側は、営業成績の低いソープ嬢を処分できる上に、紹介料ももらえます(*2)。一方派遣会社は、ソープランド側から定期的に温泉コンパニオンの人材を送り込んでもらえます。ソープランドと派遣会社は密につながっているのです。温泉コンパニオンの多くは借金を背負っており、借金を返し終わると、やめることが多いようです(*2)。それだけ温泉コンパニオンの仕事は激務なのです(*2)。

 

 また副業として温泉コンパニオンをする風俗嬢もいます(*3)。コンパニオンの仕事とは異なりますが、露天風呂のサクラの仕事もあります(*3)。露天風呂に若い女性が入っているという噂が流れることによる集客効果を期待して、ホテル側がサクラをさせています(*3)。露店風呂のサクラの時給は約1000円です(*3)。

 

<引用・参考文献>

*1 『週刊実話』2016年1月21日号「風俗新潮流 第34回 温泉風俗」(松本雷太著), p180-183

*2 『日刊ゲンダイ』2016年12月6日号(5日発行)「風俗界の本音」, p17

*3 『日刊ゲンダイ』2017年3月14日号(13日発行)「風俗界の本音」, p17