住吉一家の傘下に入らなかった2団体

 1次団体と2次団体を垂直的関係にする直参制度が住吉会に導入されたのは1991年です(*1)。住吉会は、前身組織「住吉連合会」が同年(1991年)に名称変更した結果、誕生した組織です (*2)。住吉連合会は、1958年に発足した「港会」を源流とします(*3)。港会から住吉連合会に至るまで、同組織は連合型の形態をとってきました(*1)。1990年住吉連合会の新会長に就任したばかりの西口茂男が、翌年(1991年)新組織・住吉会の会長にも横滑りで就任します(*2)。

 

 西口茂男が住吉会会長に就いた際、住吉会内で西口茂男を「親」、各2次団体トップを「子」とする親子盃が交わされました(*2)。結果、住吉会は連合型組織を解消、直参制度導入に踏み切りました(*2)。1998年住吉会会長に、福田晴瞭が新たに就任します(*4)。しかし福田晴瞭会長就任時、住吉会内で福田晴瞭を「親」、各2次団体トップを「子」とする親子盃(盃直し)は実施されませんでした(*4)。「親子盃」が交わされていないことは、住吉会においては1次団体と2次団体の間に「親子」関係(垂直的関係)がないことを意味しています。福田晴瞭会長時代は1998年から2014年まで続きました(*4)。

 

 1998~2014年の間、理屈上、住吉会は連合型組織に戻りました。しかし住吉会2次団体の多くは、「住吉一家」という巨大2次団体の傘下組織に入りました(*4)。住吉会2次団体の多くは、「住吉一家」とは垂直的関係を結んだのです。つまり住吉会2次団体の多くは、「住吉会3次団体」となったのです。住吉一家トップの総長職には、1998~2014年の間、先代の住吉会会長(西口茂男)と現役の住吉会会長(福田晴瞭)が就いていました(*2)。

 

 1998~2014年の間住吉会は、「住吉一家」という媒体を通じて、各2次団体と垂直的関係を形作っていたと考えられます。住吉会は2次団体との関係において、複雑な形態をとってきたことが窺えます。浮き彫りになるのは、住吉会は実質、連合型組織ということです。住吉会の中で「連合型組織」の維持を望む声が多く、その声も反映する結果、複雑な形態に至ったと考えられます。2014年、住吉会会長に関功が新たに就任します(*4)。関功会長就任時、住吉会内で関功を「親」、各2次団体トップを「子」とする親子盃(盃直し)が、今度は交わされます(*4)。住吉会は再び直参制度を導入する1次団体となっています。

 

 1998~2014年の間、住吉会内で住吉一家の傘下に入らなかったのは、幸平一家と土支田一家の2団体だけでした(*4)。2014年以降両団体は住吉会の「傘下組織」です。しかし1998~2014年の間、組織図上「住吉会の2次団体」は住吉一家、幸平一家、土支田一家の3団体だけであり、両団体は異彩を放つ存在といえました。幸平一家と土支田一家は、1958年(もしくは1959年)、滝野川一家と二本木小川一家とともに、友愛会という組織を立ち上げます(*5) (*6)。幸平一家、土支田一家滝野川一家、二本木小川一家の4団体には、博徒組織、江戸や明治の時代に興された老舗組織という共通点がありました(*5)。また縄張りも接しており、互いに組みやすかったことが考えられます(*5)。後に、4団体全てが住吉連合(現在の住吉会)に加盟しました(*6)。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザに学ぶ 伸びる男 ダメなヤツ』(山平重樹、2008年、徳間文庫), p333

*2 『実話時代』2017年3月号, p19

*3 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p44-45

*4 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p87

*5 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p44-45

*6 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p60