ゴザの風俗店の歴史

 沖縄のヤクザ組織及び風俗業界の歴史を語る上で、ゴザ市(現在の沖縄市)の存在は外せません。1950年米軍統治下の沖縄において、米軍兵士を対象とする歓楽街が越来村ゴザ地区に初めて誕生しました(*1)。米空軍のメイヤー中佐が越来村の村長に、米軍兵士の歓楽街の創設を依頼したことがきっかけになったと言われています(*2)。越来村の近くには、嘉手納の米軍基地がありました(*1)。ゴザに誕生した歓楽街には、風俗店をはじめとして、飲食店、喫茶店、遊技場などが続々と生まれていきました(*1)。越来村は、1956年には「ゴザ市」となり、大きい行政単位に変わりました(*1)。

 

 米軍はゴザの風俗店に対して、風俗業施設許可基準に基づいて検査を実施、合格した風俗店に対しては「Aマーク」を付与しました(*1)。米軍統治下では、「Aマーク」付与の風俗店(Aサインバー)のみが、米軍兵士相手の商売が許されていました(*1)。つまりAサインバーとは「米軍公認の風俗店」だったのです。Aサインバーの店は繁盛していました(*1)。しかし店内での米軍兵士の粗暴な行為に対しては、店側は対応に困りました(*1)。警察は米軍兵士には及び腰です(*1)。店側が「用心棒」として頼りにしたのが、戦果アギャーのグループです(*1)。戦果アギャーとは、戦後の沖縄で、米軍基地から組織的に物資を強奪することで、利益を上げていたグループのことです(*1)。1950年以降、戦果アギャー側は、米軍物資の強奪ビジネスを以前より活発に行えなくなっていました(*1)。戦果アギャー側も新しいビジネスチャンスを探っていたところでした。風俗店の要請もあり、戦果アギャーはゴザの歓楽街に進出していきます(*1)。戦果アギャーのゴザの顔役として、名が知られたのが喜舎場朝信でした(*1)。

 

 ゴザの風俗店の主なサービスは、本番行為の売春でした。米軍兵士を主な客とする店のエリアとして、ゴザの「八重島特飲街」、ゴザ周辺の「照屋特飲街」が知られていました(*3)。一方、1952年「吉原」というエリア(沖縄市)が特飲街として許可をされ、営業を始めます(*3)。吉原の特徴は、客の対象を地元の沖縄人としたことです(*3)。1958年本土で売春防止法が施行されるも、米軍統治下の沖縄では施行されませんでした(*3)。沖縄で売春防止法が施行されたのは、日本に返還された1972年以降です(*3)。吉原ではその後も違法の形で売春サービスが提供されてきました(*3)。しかし2011年摘発にあい、吉原では売春サービスが行われなくなりました(*3)。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・沖縄ヤクザ50年戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2004年、洋泉社), p37-42

*2 『洋泉社MOOK・沖縄ヤクザ50年戦争』, p55-56

*3 『青線 売春の記憶を刻む旅』(八木澤高明、2015年、スコラマガジン), p271-275