日本國粋会2次団体だった紙谷一家

 2005年まで独立団体として活動していた日本國粋会(1991年「國粋会」に改称)は(*1) (*2)、2004年時点で1都4県を活動範囲としていました (*3)。内訳は東京都と信州斉藤一家(諏訪市)の長野県(*4)、吉田川一家富士吉田市)の山梨県(*5)、残りの2県は関東圏にあると考えられます。2次団体の多くは、東京都に拠点を持っていました(*6)。日本國粋会は、「東日本の組織」という色合いが強かったです。

 

 1958年、日本國粋会は発足します(*2)。当時日本國粋会には、先述した地域以外に、岐阜県三重県鳥取県熊本県のヤクザ組織も参加していました(*6)。当時の日本國粋会が全国規模の団体であったことが窺い知れます。1985年日本國粋会2次団体・金町一家七代目総長襲名披露の書状には、推薦人に「日本國粋会 伊勢紙谷一家八代目総裁北角藤郎」の名前があります(*7)。

 

 伊勢紙谷一家は、三重県に拠点を置いたヤクザ組織です。金町一家七代目総長襲名披露の書状から、伊勢紙谷一家が1985年時、日本國粋会に所属していたことが分かります。しかし2017年現在、伊勢紙谷一家の後継団体・「紙谷一家」は、弘道会の2次団体となっています(*8)。1985年以降、伊勢紙谷一家は日本國粋会を脱退した後、弘道会の傘下に入ったことが分かります。

 

<引用・参考文献>

*1 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p32

*2 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p162-164

*3 警察庁「平成16年の暴力団情勢」

*4 『山口組動乱!! 日本最大の暴力団ドキュメント 2008~2015』(溝口敦、2015年、講談社+α文庫), p252

*5 『実話時代』2016年10月号, p144

*6 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p73

*7 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』, p178-179

*8 『週刊実話』2017年5月11・18日号