テキヤ組織は仮設興行をしていた

 テキヤ組織の稼業(資金獲得業)といえば、祭りや縁日での露店商売が思い浮かばれます。テキヤ社会では、祭りや縁日は「高市」(たかまち)と呼ばれています(*1)。「高」「市」という文字の意味から、祭りや縁日がテキヤ組織にとって重要視されていることが分かります。しかし元々、テキヤ組織は高市だけを領域としていた訳ではありません。過去には、仮設興行を展開するテキヤ組織もありました(*2)。仮設興行とは、仮設小屋による見世物商売のことです(*2)。見世物としては、サーカス、移動動物園、化物屋敷、女プロレス等がありました(*2)。テキヤ社会では仮設興行のことを「高物」(たかもの)と呼んでいました(*2)。現在、稲川会2次団体で札幌を拠点とする木暮一家は、明治時代の札幌で木暮留吉によって興されたテキヤ組織です(*3)。当時の木暮一家の稼業は、虎の見世物でした(*3)。

 

 八木サーカスというサーカス一座の経営者は、八木勇(小司勇)という人物でした(*2)。大正から昭和の時代、九州地方で有名だったヤクザ組織として八木一家がありました(*4)。八木一家のトップだったのが八木寅吉でした(*4)。当時八木寅吉は、九州テキヤ社会の大物人物として位置づけられていました(*4)。八木サーカスの経営者である八木勇は、八木寅吉の舎弟でした(*2)。八木サーカスは、八木一家の影響下にあったのです。八木勇の本名は小司勇で、「八木サーカス経営者」の時に「八木」という姓を使っていました(*2)。サーカス名の「八木」は、八木寅吉からきています(*4)。八木一家は後に解散するも、旧勢力が集まって熊本で虎門会という組織を立ち上げます(*4)。

 

 スポーツ試合やコンサートのチケットを売買する「ダフ屋」組織はテキヤ組織の関係です(*5)。昔テキヤ組織が興行に関わっていたことから、興行チケットの稼業はテキヤ組織の領域とされているのかもしれません。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザに学ぶ 伸びる男 ダメなヤツ』(山平重樹、2008年、徳間文庫), p154-155

*2 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p52-53

*3 『実話時代』2016年10月号, p109

*4 『実話時代』2016年4月号, p15-16

*5 『裏経済パクリの手口99』(日名子暁、1995年、かんき出版), p94-95