納屋制度

 

 明治時代、九州の炭鉱において、炭鉱労働者(坑夫)は納屋制度によって供給されていました(*1)。納屋とは労働飯場のことで、トップとして仕切る人は「納屋頭」と呼ばれました(*1)。納屋頭は坑夫を納屋に集め、炭鉱現場に派遣します(*1)。独身の坑夫は、納屋の施設に住み込んでいました(*1)。納屋頭と、納屋頭の下で世話になる坑夫の間には、「親方-子方」の関係が結ばれました(*1)。納屋頭と炭鉱労働者の間に、疑似血縁関係が結ばれたのです。納屋頭の下で世話になる坑夫を「納屋子」とも言いました(*1)。ヤクザ組織の親分-子分関係に類似しています。納屋を軸に展開された坑夫供給システムが納屋制度です。

 

 当初、納屋は採炭業務の下請けもしていましたが、後に採炭業務の機械化・分業化により、坑夫派遣業に特化していきます(*1)。また筑豊の中小炭鉱経営者の多くは、納屋制度の坑夫出身者でした(*1)。男性が多かったと考えられる現場で、「人の差配」をする納屋頭には、暴力的装置は必須でした。炭鉱現場には、ヤクザ組織の関与する余地がありました。炭鉱現場の外部からヤクザ組織が関わってくる場合もあったでしょうが、炭鉱現場内部からヤクザ組織が形成された事例もありました。太州会は筑豊の炭鉱現場から生まれたヤクザ組織でした(*2)。

 

<引用・参考文献>

*1 『FOR BEGINNERS シリーズ ヤクザ』(朝倉喬司、2000年、現代書館), p98,100

*2 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p77