東興業の違法賭博ビジネス

 

 ヤクザ組織のトップをつとめた後、映画俳優として活動するという稀有な経歴を持つのが安藤昇(1926~2015年)です(*1)。後に俳優活動はやめるものの、作家や映画プロデューサーとして表社会に関与し続けた人物です(*1)。安藤昇は1952年「東興業」という株式会社を設立します(*2) (*3)。東興業は東京の渋谷を拠点としました(*2)。

 

 東興業は実質、安藤昇をトップとするヤクザ組織でした(*3)。組員は約500人いたようです(*3)。表向き東興業は、不動産売買と興行を事業としていました(*3)。一方、違法賭博ビジネスも裏で行っていました(*3)。毎月「四九の日」に都内で賭場を開き、一晩の収入(テラ銭)は約200万円(当時の金額)だったようです(*4)。「四九の日」とは4日、9日、14日、19日、24日、29日のことを指します(*5)。月に約6回、賭場を開いていたことが分かります。ヤクザ社会において「4」「9」という数字は嫌われている為、「四九の日」に賭場を開催する組織は珍しかったようです(*5)。逆にいえば、「四九の日」は他組織の賭場開催日と被らないことも意味しています。東興業は他組織と違いを作る為に、「四九の日」にあえて開催日を設定していたのかもしれません。また時には摘発を避ける為に、伊豆や箱根の温泉場まで行き、賭場を開きました(*4)。

 

 違法賭博ビジネスにおいて、東興業が重要視したのは客層です(*3)。社会的地位があり、お金を沢山持っている人達を主な客層として選定しました(*3)。賭博の負けに恨みを持って、警察に通報するような客を避ける狙いがありました(*3)。東興業は競馬場のゴンドラ席にいる人達に狙いを定めて、「営業」をかけました(*3)。

 

 1964年頃から非現行でも違法賭博に関与した者を摘発できるようになりました(*6)。現行犯でなくても、摘発可能になったのです。2人以上が過去に遡って、例えば「半年前に●●の場所で違法賭博に参加していました」と警察に証言すれば、該当の組織は摘発されることになったのです(*6)。裏返せば、それ以前は現行犯でなければ、組織を摘発できなかったのです。

 

 東興業は警察の目から逃れる為、客の乗る車を何か所も経由させ、またその都度車を乗り換えさせていました(*3)。東興業は新宿において、9階建てマンションの最上階の2部屋で賭場を開いていました(*3)。最上階であれば、近くの交番の様子を見ることができます(*3)。交番を監視していれば、摘発の動きが分かるからです(*3)。また最上階であれば、警察の隊員達が階段で駆け上がるまで時間を要するからです(*3)。その間、逃げる時間が作れます。

 

<引用・参考文献>

*1 『安藤昇 90歳の遺言』(向谷匡史、2017年、徳間文庫), p10

*2 『安藤昇 90歳の遺言』, p78

*3 『安藤昇 90歳の遺言』, p90-93

*4 『安藤昇 90歳の遺言』, p67

*5 『ヤクザ大辞典 親分への道』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編・著、2002年、双葉文庫), p89-90

*6 『ヤクザ大辞典』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編、2002年、双葉文庫), p108-109