太政官

 

 かつて関西には太政官という独立組織がありました(*1)。1949年の団体等規制令により太政官は解散を余儀なくされました(*1)。1958年太政官の香西支部長だった若林暲は、旧太政官勢力を集め若林組を香川県で立ち上げました(*1)。1962年若林組は山口組2次団体・地道組の傘下に入りました(*1)。1964年若林組は山口組2次団体に内部昇格しました(*1)。若林組は当時、高松市をはじめ、坂出、丸亀、観音寺、琴平に侵出していました(*1)。

 

<引用・参考文献>

*1 『山口組の100年 完全データBOOK』(2014年、メディアックス), p72-73