出羽家一家

 

 松葉会2次団体・出羽家一家は、明治末期に東京浅草で結成された博徒組織を源流としています(*1)。「出羽屋」という屋号の山本作造が山本修三に「出羽屋」という組織を名のらせ、後に出羽屋は出羽家一家に改称されたと言われています(*1)。出羽家一家の初代は山本修三となっています(*1)。

 

 四代目武井紀義の時、出羽家一家は松葉会に加入しました(*2)。1962年武井紀義は出羽家一家四代目に就任しました(*2)。1962年以降、出羽家一家は松葉会に加入したことが推測されます。当時の松葉会は、連合体型の1次団体でした(*3)。武井紀義は出羽家一家の出身者ではなく、旧関根組の幹部でした(*2)。1949年GHQ団体等規正令により解散した関根組の旧勢力は、1953年松葉会を発足させました(*4)。

 

 1978年橋本時雄が出羽家一家五代目を継ぎました(*1)。橋本時雄が死去する1993年まで出羽家一家五代目体制は続きました(*1)。出羽家一家五代目体制時代(1978~1993年)が出羽家一家の全盛期で、子分300~400人ぐらいを抱えていたと言われています(*1)。橋本時雄は博徒テキヤを問わず浅草を拠点とするヤクザ組織の親睦団体「浅草親友会」を立ち上げました(*1)。

 

 橋本時雄は「競輪の橋本」と呼ばれるほど、競輪業界に深く関わっていました(*5)。橋本時雄は八百長レースの元締めの役割を果たしていました(*5)。

 

<引用・参考文献>

*1 『実話時代』2016年7月号, p31-33

*2 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p174-175

*3 『実話時代』2015年7月号, p37

*4 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p157

*5 『ヤクザの散り際 歴史に名を刻む40人』(山平重樹、2012年、幻冬舎アウトロー文庫), p231-232