博徒組織にとっての夏

 

 博徒組織が文字通り賭博業を主な資金源としていた時代(1964年以前)(*1)、博徒組織にとって夏は閑散期でした(*2)。違法賭博という性格上、賭場は人目のつく場所では開かれません。窓を開けない密室の場で、違法賭博は行われました(*2)。

 

 結果、冷房機器が発達していない時代、夏に賭場を開くことは困難でした。「夏枯れ」と呼ばれるほど、博徒組織にとって夏は資金不足にあう時期だったのです(*2)。資金不足事情により、夏に寄り合いや祝儀事を避ける傾向が博徒業界にありました(*2)。結果、博徒組織にとって、夏は「お休み」の時期になりました(*2)。

 

 関東博徒系ヤクザ組織の親睦団体・関東二十日会(1972~2014年)(*3)は、毎月20日に本会議を開いていました(*2)。しかし7月と8月だけ、本会議は開かれませんでした(*2)。博徒組織にとって、夏が「お休み」の時期だったことも関係していると考えられています(*2)。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザ大辞典』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編、2002年、双葉文庫), p108-109

*2 『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2002年、洋泉社), p31-32

*3 『実話時代』2017年9月号, p22-24