極東会と松山連合会

  極東会は日本最大のテキヤ組織と言われ、公安委員会から「指定暴力団」の指定を受けています(*1)。テキヤ組織では、極東会だけが「指定暴力団」です(*1)。2016年時点、極東会は1都1道12県を活動範囲とし、構成員約590人を有していました(*2)。

 

 極東会の中核組織が松山連合会です。1994年極東会は「1次団体と2次団体の関係」を垂直的な形態に改めました(*3)。1994年以前の極東会は、1次団体と2次団体の間に、「上下の関係」はありませんでした。松山連合会は、1次団体・極東会の下に位置する「2次団体」です。

 

 しかし実態は、2次団体・松山連合会執行部の者が、1次団体・極東会執行部も担っています。松山連合会会長の高橋仁は、極東会会長でもあります(*4)。松山連合会会長代行の宮田克彦は、極東会理事長でもあります(*4)。極東会役職の序列では、会長職が「ナンバー1」、理事長職が「ナンバー2」でした(*5)。松山連合会理事長の棚本清己は、極東会総本部長でもあります(*4)。「松山連合会執行部」と「極東会執行部」がほぼ同一化しています。

 

 松山連合会の源流は、関口愛治の関口グループ内で、三浦周一が結成した組織です(*6)。太平洋戦争後、関口グループの新宿進出において、三浦グループは大きな役割を果たしました(*6)。三浦周一死去後、1975年松山眞一が三浦グループの跡を継ぎました (*7)。松山眞一は後に極東会会長となりました(在任期間:1990~2015年)(*1) (*8)。1976年松山眞一は三浦グループを「三浦連合会」に改称しました(*7)。

 

 1979年池田亨一が新たに三浦連合会トップに就任しました(*9)。同年、旧関口グループを中心とする極東関口会(1次団体)が結成されました(*10)。1979年以降、三浦連合会は「極東関口会2次団体」となりました。1985年池田亨一は三浦連合会を「眞誠会」に改称しました(*7)。

 

 1990年1次団体・極東関口会は「極東会」に改称されました(*10)。1990年以降、眞誠会は「極東会2次団体」となりました。2001年眞誠会トップの池田亨一が死去しました(*7)。翌2002年、眞誠会は「松山連合会」に改称されました(*7)。

 

 現在、松山連合会の傘下には、横浜の眞一家(*4)、新宿二丁目の眞勇会(*11)などがあります。

 

<引用・参考文献>

*1 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p79

*2 警察庁平成28年における 組織犯罪の情勢」

*3 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』(実話時代編集部編、2003年、三和出版), p19

*4 『実話時代』2017年6月号, p52-55

*5 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』, p20

*6 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』, p115

*7 『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2002年、洋泉社), p81

*8 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』, p76

*9 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』, p112

*10 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』, p16

*11 『実話時代』2017年7月号, p37-41