平塚一家と鶴川一家

 

 さいたま市大宮に活動拠点を置くヤクザ組織が平塚一家です(*1)。平塚一家は住吉会2次団体です(*1)。大宮はソープランド街を持つなど、歓楽街として有名です。平塚一家は明治時代、平塚勘次によって結成されました(*1)。平塚勘次は東京・本郷を活動拠点とする鶴川一家(住吉会2次団体)の設立者でもありました(*1) (*2)。平塚勘次は、別の資料では「内川勘次郎」という名前で呼ばれていました(*3)。平塚勘次は1906年明治39年)に死去しました(*3)。鶴川一家も明治時代に誕生したと考えられます。2つの組織が合併されなかった事情は手元の資料からは確認できません。2つの組織を立ち上げた平塚勘次は優れた統率者であったことが窺えます。

 

<引用・参考文献>

*1 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p94

*2『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』, p97

*3 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p188