ショバ割り

 

 高市(祭りや縁日)で露店を出す際、売上を左右するのが「立地」です。各店舗の位置決めを、ショバ割りといいます(*1)。またはミセワリともいいます(*2)。最も良い場所は「ホンドバ」、最も悪い場所は「ガリ」と呼ばれて、両者の売上は数十倍異なってきます(*1)。

 

 ショバ割り実施日は、小さい規模で高市の当日朝、大きい規模で高市20日ほど前です(*1)。ショバ割りにおいては、同じ種類の売物の店舗が並ばないようにします(*3)。ショバ割りの決定権を持つのは、基本的に高市世話人(庭主)でした(*4)。しかし警察当局がショバ割りを行うこともあります(*4)。

 

 ちなみに各店舗の場所代は、関東では1日1万円、関東では1日1.5万円と言われています(*5)。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザ大辞典』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編・著、2002年、双葉文庫), p98-100

*2 『テキヤはどこからやってくるのか? 露店商いの近現代を辿る』(厚香苗、2014年、光文社新書), p145-146

*3 『ヤクザ大辞典 親分への道』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編・著、2002年、双葉文庫), p168

*4 『ヤクザに学ぶ 伸びる男 ダメなヤツ』(山平重樹、2008年、徳間文庫), p157

*5 『GEKIDAS 激裏情報@大事典vol.5』(激裏情報、2012年、三才ブックス), p82