新宿闇市を開設したテキヤ組織

 

 太平洋戦争終了時(1945年)以降、東京・新宿で闇市(露店市場)が開設されました(*1)。露店市場を仕切っていたのがテキヤ組織でした。新宿では尾津喜之助の飯島一家小倉二代目尾津組が早く露店市場を開設しました(*1)。

 

 その後、他のテキヤ組織も新宿で露店市場を立ち上げました(*1)。飯島一家内山二代目和田組、東京早野会初代分家安田組などです(*1)。テキヤ組織間で縄張りを巡る争いが起きましたが、淀橋警察署の仲介等もあり、縄張りが確定されました(*2)。尾津組は新宿東口方面、和田組は西口方面、安田組は南口方面を縄張りとしました(*2)。

 

 和田組は組織名から尾津組と同じ飯島グループだったことが分かります。新宿の露店市場開設時の和田組トップは和田薫、安田組トップは安田朝信でした(*2)。

 

<引用・参考文献>

*1 『歌舞伎町・ヤバさの真相』(溝口敦、2012年、文春新書), p50-55

*2 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p58-59