天王新地

 

 関西の「ちょいの間」で全盛期に比し、衰退しているのが天王新地(和歌山市)です(*1)。全盛期30軒(*1)、もしくは40軒ほど (*2) の店があったといわれています。しかし2018年時点、天王新地の「ちょいの間」6軒ほど営業しています(*2)。大幅に店数が減少しています。供給側の天王新地に変化があったのか、もしくは和歌山市及び周辺地域の性風俗の需要に変化があったのだと考えられます。ちなみに天王新地の特徴の1つとして、客を相手にする女性が「ちょいの間」に住み込んでいることがあります(*2)。

 

<引用・参考文献>

*1 『週刊実話』2016年6月23日号「スキンレス春川が往く! 風俗裏街道」, p100-101

*2 『週刊実話』2018年11月15日号「スキンレス春川が往く! 風俗裏街道」, p130-131