中島連合会の兄弟盃

 

 太平洋戦争後(1945年以降)の京都ヤクザ業界において、1960年各組織が統合されました (*1)。組織名は中島連合会で、名前が示すように、中島会を軸とする連合型組織でした(*1)。中島連合会トップの会長には、中島会会長の図越利一が就任しました(*2)。図越利一は中島連合会結成の前の同年(1960年)に、中島会トップを引き継いでいました(*1)。中島連合会の後継団体が会津小鉄会(1975年結成)でした(*1)。

 

 中島連合会に集った組織としては、中島会以外に、中川組、篠原会、北新会、いろは会、丸音会、寺村組、宮川会、吉村組などがありました(*1)。中島連合会結成の際、中島連合会トップ図越利一は「各組織の跡目クラスの幹部」と兄弟盃を交わしました(*1)。図越利一を「兄」、跡目クラスの幹部を「舎弟」とする内容の兄弟盃でした(*1)。1次団体トップが「2次団体のナンバー2以下」と兄弟盃を交わした形でした。

 

 連合型組織において「1次団体と2次団体の間で交わされる盃」の内容は、組織によって異なりました。福岡県の連合型組織・福博連合(1990~1992年)の場合、1次団体トップが2次団体トップと兄弟盃を交わしました(*3)。2001年時國粋会のように、1次団体と2次団体の間に「盃」がない場合もありました(*4)。

 

 中島連合会の代紋は作られず、各2次団体の代紋が使用されました(*1)。代紋とは、ヤクザ組織の団体章のことです(*5)。図越利一が2次団体トップと兄弟盃を交わさなかったこと、1次団体の代紋を作らなかったことから、当時図越利一は2次団体に遠慮していたことが推測されます。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p76-77

*2 『伝説のヤクザ18人』(山平重樹、2018年、文庫ぎんが堂), p154-155

*3 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』, p170-172

*4 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』, p164-165

*5 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p45

コロコロ

 

 太平洋戦争終了(1945年)以降、沖縄のコザ(現在の沖縄市)では、「コロコロ」という青空球技賭博が行われていました(*1)。喜舎場朝信をトップとする組織がコロコロを管理していました(*1)。1952年頃、喜舎場朝信は構成員300人のコザ派を結成していました(*1)。本土でも当時、街頭賭博は盛んで、闇市や縁日、公営賭博場の近くで、行われていました(*2)。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザ大辞典 親分への道』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編・著、2002年、双葉文庫), p47-48

*2 『賭けずに楽しむ日本の賭博ゲーム』(伊藤拓馬、2015年、立東舎), p132

西日本の極東会組織

 

 西日本の極東会組織として知られたのが、山本睦会でした(*1)。山本睦会は山口県防府市に拠点を置いていました(*1)。2003年時点で、山本睦会は極東会下部団体の中で唯一、西日本に拠点を置く組織でした(*1)。2018年極東会は1都12県を活動範囲としていました(*2)。2018年の山口県において、極東会の活動実績は認められていません(*3)。山本睦会は解散したか、もしくは活動を縮小し存続していると考えられます。

 

<引用・参考文献>

*1 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』(実話時代編集部編、2003年、三和出版), p169

*2 警察庁「平成30年における 組織犯罪の情勢」, p34

*3 『実話時代』2019年2月号「全国指定二十四団体を完全網羅! 最新版ヤクザ勢力図 激闘の縮図が此処にある!」, p29

守備率

 

 野球における守備能力の指標の1つが守備率です(*1)。守備率は以下の計算式で求められます(*1)。

 

  守備率=\frac {(刺殺+補殺)}{(刺殺+補殺+失策)}

 

 例えば刺殺30、補殺40、失策4の選手の場合、守備率は0.946です。また刺殺5、補殺10、失策3の選手の場合、守備率は0.833です。打球処理機会に対し、失策をしなかった割合が守備率です(*1)。

 

 守備率の弱点は、守備範囲を取り扱ってないことです(*1)。守備範囲を「狭く」すれば、守備率は高くすることができます(*1)。二塁手が一二塁間の打球を無理に追わなければ、安打になり、二塁手の「失策」になりません。

 

<引用・参考文献>

*1 『岩波 科学ライブラリ―223  勝てる野球の統計学 セイバーメトリクス』(鳥越規央データスタジアム野球事業部、2016年、岩波書店), p63-69

賭場の共同運営

 

 

 博徒組織にとって元々縄張りとは、賭場開帳の権利を持つ地理的範囲のことでした(*1)。例えば生井一家は、戦前(1945年以前)、東京日本橋人形町を中心に広大な縄張りを持っていました(*2)。生井一家は、人形町付近一帯で、賭場開帳の権利を有していたということです。生井一家が当時、博徒組織として強い組織であったことが窺えます。

 

 しかしながら、生井一家の縄張りの一部では、上州屋一家や斉藤一家の他の博徒組織と被っていました(*2)。被ったエリアでは、賭場の共同運営が行われていたようです(*2)。被ったエリアの賭場開帳権の帰趨を暴力的手段で解決するのではなく、平和的に解決した事例といえます。

 

<引用・参考文献>

*1 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p61

*2 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p72-73

奪三振と与四球の標準偏差

 

 プロ野球で活躍する実力投手達の奪三振数、与四球数の「平均からの差(標準偏差)」を調べてみました。

 

 2019年6月30日時点、規定投球回数(=チーム試合数)到達の両リーグ投手を対象にしました(*1)。セ・リーグの対象投手は11人、パ・リーグの対象投手も11人でした(*1)。データ(*1)を計算した結果、以下の内容が得られた。

 

奪三振】 *小数第二位を四捨五入

 セ・リーグ投手の奪三振標準偏差:19.5

  *セ・リーグ投手の奪三振の平均:74.7

 

 パ・リーグ投手の奪三振標準偏差:20.9

  *パ・リーグ投手の奪三振の平均:72.8

 

【与四球】 *小数第二位を四捨五入

 セ・リーグ投手の与四球の標準偏差:6.6

  *セ・リーグ投手の与四球の平均:23.7

 

 パ・リーグ投手の与四球の標準偏差:10.3

  *パ・リーグ投手の与四球の平均:24.8

 

 

 以上から、セパともに「奪三振標準偏差」が「与四球の標準偏差」に比し大きいことが分かります。奪三振においてばらつきがあることを示しています。

 

 四球の回避は全投手の共通目標です。一方、三振の獲得は、アウトの1手段なので、全投手の共通目標ではありません。以上の事情が、標準偏差の違いになっていると考えられます。

 

<引用・参考文献>

*1 日刊スポーツ2019年7月1日8版, p6

GHQの団体等規正令

 

 1945年8月太平洋戦争に敗れた日本はアメリカに占領されました。占領時、日本政府に影響を及ぼしたのが連合国軍総司令部GHQ)でした(*1)。GHQはヤクザ組織を解散に追い込む為、団体等規正令を出しました(*1)。団体等規正令により1949年及び1950年に解散した組織があった為、団体等規正令は1949年以前に出されたことが推測されます。

 

 団体等規正令の対象を受けた組織は一部を挙げると、関根組(*1)、住吉一家浦上一派(*2)、山口組(*3)、太政官(*4)でした。関根組は1949年解散したものの、旧関根組勢力が1953年松葉会を結成しました(*1)。山口組は1950年神戸・湊川神社で「解散式」を行ったものの、実際は解散せず組織活動を続けていきました(*3)。

 

 当時の山口組トップは田岡一雄でした(*5)。田岡一雄は1946年山口組三代目組長(在任期間:1946~1981年)に就任しました(*5)。1964年以降の警察庁による取締り強化(通称:「第一次頂上作戦」)を受けて、他団体が解散する中、山口組は解散しませんでした(*5)。1950年の「山口組解散式」は田岡一雄にとって悔しかったと考えられます。1950年の悔しさが、第一次頂上作戦時山口組を解散しなかった要因の1つだったと考えられます。

 

 太政官は関西の組織で解散後、四国高松の旧太政官勢力が若林組を結成しました(*4)。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p155-156

*2 『実話時代』2018年9月号, p45

*3 『実話時代』2018年9月号, p43

*4 『山口組の100年 完全データBOOK』(2014年、メディアックス), p72

*5 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』, p16-26