アメリカ人主導のアングラカジノ

 

 太平洋戦争終了(1945年)以後、東京ではアメリカ人主導のアングラカジノが開かれていました(*1)。韓国系アメリカ人ギャングのジェイソン・リーは銀座六丁目に「クラブマンダリン」を開きました(*1)。「クラブマンダリン」の裏の顔はアングラカジノでした(*1)。「クラブマンダリン」では一晩で数億円規模の金がやりとりされました(*1)。しかし1952年7月警視庁の家宅捜索により「クラブマンダリン」はなくなりました(*1)。

 

 永田町二丁目のナイトクラブ「ラテンクォーター」もアングラカジノを密かに営業していました(*1)。「ラテンクォーター」は1953年11月に開業しました(*1)。「ラテンクォーター」の支配人はアロンゾ・シャタックでした(*1)。アロンゾ・シャタックの後ろにいたのがテッド・ルーインです(*1)。

 

 テッド・ルーインはアメリカのマフィアで、太平洋戦争中フィリピンで抗日ゲリラに対し、武器や資金を提供していました(*1)。抗日ゲリラを支援したことから、テッド・ルーインとアメリカ軍の間に「何かしらの関係」があったことは想像に難くありません。1946年のフィリピン独立後、テッド・ルーインはフィリピンを拠点とし、東南アジアで広く賭博業、売春業を展開しました(*1)。テッド・ルーインの別名は「東洋のアル・カポネ」でした(*1)。

 

 1956年2月「ラテンクォーター」は警視庁から家宅捜索され、同年9月出火により全焼しました(*1)。両店の主なカジノ客は不良外国人、占領軍と関係する政財界や官僚の大物でした(*1)。両店の客層は、博徒組織の賭場の客層とは異なりました(*1)。博徒組織の営業領域とは異なる領域において、両店は違法賭博を展開していたことが分かります。

 

<引用・参考文献>

*1 『歌舞伎町・ヤバさの真相』(溝口敦、2012年、文春新書), p173-178

小見世

 

 テキヤ業界において、口上なしの露店は「小見世」(コミセ)と呼ばれました (*1) 。小見世の露店商は、預かり者や素人に近い者が多かったです(*1)。また口上なしの露店は三寸(サンズン)とも呼ばれました(*1) (*2)。

 

一方、口上ありの露店は「コロビ」と呼ばれました (*2) 。

 

<引用・参考文献>

*1 『親分 実録日本俠客伝①』(猪野健治、2000年、双葉文庫), p222-223

*2 『新・ヤクザという生き方』(朝倉喬司、1998年、宝島社文庫), p224

茶の密輸

 

 1784年以前、イギリスにおける茶の関税は高く、茶の関税率はほとんど80%以上で推移していました(*1)。当時のヨーロッパは中国から茶を輸入していました(*2)。

 

 1690年時のイギリスにおける茶の関税率は500%でした(*2)。現在の日本円に置き換えると500%関税の場合、輸入業者は外国から該当商品を1万円で仕入れたら、「5万円の関税」を支払う必要があります。

 

 1784年ピットの減税法により、茶の関税は12.5%となりました(*3)。ピットの減税法施行前における茶の関税は110%でした(*3)。ピットの減税法以前の商人は例えば1ポンドの茶の輸入時「1.1ポンドの関税」を支払いましたが、ピットの減税法以後の商人は「0.125ポンドの関税」を支払えば済むこととなりました。関税が低くなれば、小売価格も低くなっていきます。1784年以降、イギリスにおける茶の価格は低下しました(*3)。

 

 1773年以前のアメリカ(当時イギリスの植民地)が茶を輸入した際、本国イギリスよりも「高い支出」を余儀なくされました(*4)。法律上1773年以前のアメリカは、茶をイギリスから輸入するしかありませんでした(*4)。イギリスがアメリカに輸出する茶には、「輸出税」が課税されていました(*4)。しかし1773年6月に制定された茶条例により、中国から直接アメリカに茶を輸入できるようになり、また中国からの茶の輸入関税も低くなりました(*4)。

 

 1784年以前のイギリス、また1773年以前のアメリカでは、高関税により茶は高価格帯でした。しかし当時のイギリスでは茶の密輸が盛んに行われていたと考えられています(*1)。

 

 北欧のスウェーデンは1731年に東インド会社を設立しました(スウェーデン東インド会社が解散したのは1813年)(*3)。スウェーデン東インド会社は中国の広州に商館を置き、中国と貿易をしていました(*3)。1770年時スウェーデン東インド会社の輸入額において、茶が69%を占めていました(*3)。1780年時輸入額においては茶が80%を占めていました(*3)。

 

 スウェーデンでは茶は消費されませんでした(*3)。イギリスにおいて、茶の輸入つまり中国との貿易は1833年まで「イギリスの東インド会社の独占事業」でした(*5)。当時スウェーデン東インド会社が茶を合法的にイギリスに再輸出することはできませんでした。おそらくスウェーデン東インド会社は茶をイギリスに密輸していたと考えられています(*3)。フランスもイギリスに茶を密輸していたと考えられています(*2)。

 

 1773年以前のアメリカもオランダやスウェーデン東インド会社、フランスの商人により茶が密輸されていました(*4)。当時茶条例(1773年6月制定)により「合法領域の茶の低価格化」が起き、密輸茶の価値が相対的に低くなることをアメリカの密輸業者が懸念していたと考えられています(*4)。

 

 茶条例制定の半年後、1773年12月16日マサチューセッツ植民地のボストンにて、停泊中のイギリスの東インド会社商船三隻が約60人の植民地人に襲撃され、積み荷の茶が海に投棄されてしまいました(*4)。後に、12月16日の出来事は「ボストン茶会事件」と呼ばれました(*4)。

 

<引用・参考文献>

*1 『海洋帝国興隆史 ヨーロッパ・海・近代世界システム』(玉木俊明、2019年、講談社選書メチエ), p161-162

*2 『興亡の世界史 東インド会社とアジアの海』(羽田正、2019年、講談社学術文庫), p270-271

*3 『海洋帝国興隆史 ヨーロッパ・海・近代世界システム』, p156-158

*4 『興亡の世界史 東インド会社とアジアの海』, p321-322

*5 『興亡の世界史 東インド会社とアジアの海』, p335

イタリアの南部開発計画

 

 第二次世界大戦後、「南部開発計画」(1955~1964年)が、シチリアを含む南イタリアで行われました(*1)。南部開発計画の目的は、南イタリアの経済発展でした(*1)。南部開発計画により南イタリアにインフラが整えられました(*1)。

 

<引用・参考文献>

*1 『地中海の十字路=シチリアの歴史』(藤澤房俊、2020年、講談社選書メチエ), p230

マフィアの源流

 

  イタリア系アウトロー組織の「象徴」と位置づけられるのがマフィアです。マフィアはイタリアのシチリア島から誕生したアウトロー組織です。マフィアの源流は「農地管理人」でした(*1)。

 

 1861年イタリア王国の誕生により、イタリアは統一されました(*2)。イタリア統一前のシチリアは、1735~1860年までスペイン・ブルボン家により支配されていました(*3)。スペイン・ブルボン家の統治時代、シチリアの2/3以上の農地及び森林は、貴族により所有されていました(*4)。スペイン・ブルボン家の統治時代(1735~1860年)、シチリアの土地制度は、貴族による大土地所有制であったことが分かります(*1)。

 

 貴族は、シチリア外に住む不在地主であり、農地管理人に農作業の監督業務や販売業務を委託していました(*1)。シチリアの大土地所有制度が農地管理人により補完されていたことが窺えます。農地管理人は「貴族の代理人」という立場を活かし、次第に権力を持ち始めたと考えられます。実際農地管理人は「農地の転貸」(農地の又貸し)により収益を得ていました(*1)。

 

 イタリア統一(1861年)後も、シチリアでは大土地所有制度が継続されました(*5)。シチリアの大土地所有制度は農地管理人を必要とした為、イタリア統一後も農地管理人の権力は拡大し、一部の農地管理人は「農村マフィア」(*6)に変容していったと考えられます。

 

 農村マフィアは農地管理人としての役割を果たす一方、家畜窃盗や密売、誘拐(*7)の違法活動もしていました(*6)。農村マフィアは、表と裏の二面性を持っていたことが分かります。

 

 20世紀に入ったシチリアでは、不景気を背景に、国外への移民が続出しました (*8)。シチリアからの移民は主に、フランス、アメリカ、アルゼンチン、ブラジル等に渡りました(*8)。1901~1913年の間に、106万3,734人がシチリアから外国に移民として渡りました(*8)。1911年時のシチリアの総人口は367万人2,000人でした(*8)。1911年時の総人口の約1/3が、13年の間に国外に渡ったことになります。シチリアからアメリカに渡った移民の一部がアメリカで、アウトロー組織つまりアメリカ版マフィアを結成しました(*8)。

 

 イタリアは第1次世界大戦(1914~1918年)に参戦しました。第1次世界大戦後、シチリアでは帰還兵による農地獲得運動が始まりました(*9)。対する大土地所有者は農地管理人(マフィア)を用い、農地獲得運動を潰しにいきました(*9)。農地管理人(マフィア)側は大土地所有者の期待に応え、農地獲得運動の指導者を多数暗殺しました(*9)。第1次世界大戦以後、大土地所有者にとって、農地管理人(マフィア)の価値は高まっていったと考えられます。当時(第一次世界大戦以後)のマフィアの首領として知られたのが、カロジェーロ・ヴィッツィーニでした(*9)。

 

 1922年イタリアの国政において、ムッソーリニのファシスト党が内閣を作りました(*10)。以後、1943年までイタリアはファシスト党により支配されました(*2) (*9) (*10)。ファシスト党政権下において、シチリアでは1925~1931年マフィアの撲滅作戦が遂行されました(*7)。しかしマフィアが壊滅することはありませんでした(*9)。

 

 1940年イタリアは第二次世界大戦に参戦しました(*2)。イタリアはドイツ及び日本と手を結び、アメリカやイギリス等の連合国側と戦いました。1943年7月連合国軍がシチリアに上陸、翌8月シチリアを占領下に置きました(*11)。連合国軍側はシチリア占領及び統治において、マフィアを活用しました(*12)。

 

 アメリカマフィアのサルヴァトーレ・ルチアーノは、当時アメリカで収監中でしたが、釈放されシチリアに渡りました(*12)。巷間、釈放後のサルヴァトーレ・ルチアーノは連合国軍のシチリア上陸をサポートする「情報員」の役割を果たしたと言われました(*12)。サルヴァトーレ・ルチアーノは以後、シチリアを拠点にマフィア活動を行いました(*12)。ちなみにサルヴァトーレ・ルチアーノは、「ラッキー・ルチアーノ」という通称でも知られています(*12)。

 

 またアメリカマフィアのヴィート・ジェノヴェーゼもイタリアに渡り、連合国軍の通訳として、活動しました(*12)。連合国軍はシチリア西部において、マフィアを市長に任命しました(*12)。マフィアを市長に任命したことから、連合国軍とマフィアの間に「同盟関係」があったことが窺えます。

 

 連合国軍の統治以降、シチリアのマフィアの活動が活性化していきました(*12)。マフィアは連合軍の配給物資を奪い、闇市に転売することで、収益を得ていました(*12)。

 

 戦後(1945年以降)の日本の沖縄においても、アメリカ軍の物資の強奪により、収益を得るグループがいました(*13)。アメリカ軍物資の強奪グループは通称「戦果アギャー」と呼ばれ、沖縄のヤクザ組織の源流となりました(*13)。

 

<引用・参考文献>

*1 『地中海の十字路=シチリアの歴史』(藤澤房俊、2020年、講談社選書メチエ), p184-185

*2 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p256

*3 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p151

*4 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p154

*5 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p202

*6 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p222-223

*7 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p203

*8 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p192-193

*9 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p196-197

*10 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p199

*11 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p208-211

*12 『地中海の十字路=シチリアの歴史』, p218-220

*13 『洋泉社MOOK・沖縄ヤクザ50年戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2004年、洋泉社), p23-24

バイカーギャング

 

 カナダのケベック州では、長年カラブリア系のCotroniファミリー(*1)とシチリア系のリズートファミリー(*2)が裏社会の実権を握ってきました。リズートファミリーは1954年に結成されました(*1)。Cotroniファミリーの結成はリズートファミリーより古いです(*2)。両団体とも「イタリア系組織」として分類されるでしょう。

 

 1970年代後半以降のケベック州において、別のアウトロー組織が台頭してきました(*3)。1977年Hells Angelsというアメリカのバイカーギャングがモントリオールケベック州の大都市)に進出しました(*3)。バイカーギャングとは、モーターサイクル(自動二輪車)に乗るアウトロー組織でした(*3)。Hells Angelsに対抗するバイカーギャングとして、1986年までにはRock Machineが結成されました(*3)。

 

 1992年Hells AngelsとRock Machineの間で抗争が勃発しました(*3)。構成員数や火器面では、Hells AngelsがRock Machineより勝っていました(*3)。Rock Machineは戦力差を埋めるべく、Hells Angelsのライバルとして知られるアメリテキサス州を拠点としたBandidosと共同戦線を張りました(*3)。「Hells Angels」対「Rock MachineとBandidos」の抗争は2009年まで続きました(*3)。結果、Hells Angelsが勝利しました(*3)。

 

 17年間のバイカーギャングの抗争は「ケベックイカー抗争」と呼ばれました(*3)。「17年の抗争期間」から、Cotroniファミリー及びリズートファミリーが「抗争の調停者」としての役割を果たせなかったことが見えてきます(*3)。Cotroniファミリー及びリズートファミリーがバイカーギャングに比し強い力を有していれば、抗争の長期化を許さなかったと考えられます。

 

 しかし実際、抗争は長期化しました。1990年代以降バイカーギャングはCotroniファミリー及びリズートファミリーに比肩する力を有し、Cotroniファミリー及びリズートファミリーの意見に耳を貸さなくても活動できていていたことが考えられます。

 

 抗争終了後、王立カナダ騎馬警察(カナダの連邦警察部隊)がHells Angelsを取締り、多くのメンバーを逮捕しました(*3)。

 

<引用・参考文献>

*1 『THE  MAPLE SYRUP MAFIA A HISTORY OF ORGANIZED CRIME IN CANADA』(GERG THOMPSON、2014年、CreateSpace Independent Publishing Platform), p18-23

*2 『THE  MAPLE SYRUP MAFIA A HISTORY OF ORGANIZED CRIME IN CANADA』, p34-36

*3 『THE  MAPLE SYRUP MAFIA A HISTORY OF ORGANIZED CRIME IN CANADA』, p42-47

ヤクザ組織の構成員による金貸し業

 

  ヤクザ組織の構成員が資金獲得源の1つとして、「金貸し業」をすることがあります。金融機関と異なり、構成員による金貸し業は非合法です。融資先は同業者(ヤクザ組織に属ずる者)、スナックや屋台等の業者、違法領域のビジネス業者などです(*1)。金融機関から融資を受けられない人達が、構成員の金貸し業の融資先になっていることが分かります。

 

  ヤクザ組織の構成員による金貸しの一般的な利率としては、月利6%がありました(*2)。10万円借りた場合、毎月6千円の利子が発生します。

 

<引用・参考文献>

*1 『新・ヤクザという生き方』(山之内幸夫、1998年、宝島社文庫

, p323-324

*2 『新版・現代ヤクザのウラ知識』(溝口敦、2006年、講談社+α文庫), p319