ビジネス

アメリカにおける大麻の位置づけ

アメリカにおいて大麻の位置づけは「連邦」と「州」において異なっています。連邦法は大麻の使用を禁じています(*1)。しかし2017年5月時点、カリフォルニア州など8州が嗜好用大麻及び医療用大麻の使用を合法化していました(*2)。他州の中には、医療用大麻使…

ガセネタ興行

1945~1954年にかけて、興行界ではガセネタ興行が流行りました(*1)。ガセネタ興行とは、有名な芸能人の「偽者」を演者とする見世物でした(*1)。ガセネタ興行は、「本物の芸能人の興行」であるかのように思わせ、客を集めました(*1)。浪曲のガセネタ興行では、…

釘師

パチンコの勝敗に大きく影響を及ぼしていたのが、パチンコ台における「釘の配置」でした(*1)。釘と釘の間隔が「狭ければ」鋼球が通りにくく、反対に釘と釘の間隔が「広ければ」鋼球が通りやすいです。パチプロは釘と釘の間隔を確認した上で、パチンコ台を選…

ニューヨーク市の屋台

アメリカのニューヨーク市の路上では、軽食等販売の屋台が並んでいます(*1)。ニューヨーク市は屋台数の上限を「4,000」に定めています(*1)。ニューヨーク市の路上で合法的に屋台営業する為には、許可証の獲得が必要です(*1)。しかし実態は1,000以上の屋台が…

ワインの先物取引

先物取引とは、未来のある期日に「現在決めた価格」で商品を受け渡しする約束のことです。例えば2019年12月1日(未来のある期日)に、100万円(2019年10月6日現在に決めた価格)で時計Xを受け渡しする約束も、先物取引です。 現在(10月6日)の中古時計市場…

融通手形

商取引の決済手段の1つとして、手形の利用があります。手形とは、即時支払いをしないが、期日までに支払う約束をする「証文」です(*1)。手形の利用により支払い側は、「支払いの延長」という時間を獲得できます。手元に現金を持っていない場合、手形は役立ち…

丁半

丁半は、振られた2個のサイコロの合計数を予想する賭博ゲームです(*1)。客は、合計数が「偶数」か「奇数」になるのかを予想します。選択肢は1/2で、単純なゲームです。「偶数の合計数」を“丁”、「奇数の合計数」を“半”と呼びます(*1)。 合計数は36通り(6×6…

タイのカオサンの屋台営業

タイ首都・バンコクの安宿街カオサンの名物屋台が今年8月から、日中営業を当局(バンコク首都庁)から禁止されました(*1)。カオサンの屋台営業は午後6時~12時に定められました(*1)。その後、開始時間は午後4時に繰り上がりました(*1)。 理由として歩行路の…

オッズの計算式

競馬のオッズ(的中馬券の倍率)は、計算式に基づいて決定されています。単勝式の場合、「勝ち馬の票数」を「総票数」で割り、その逆数に払戻率を掛けると、オッズが算出されます(*1)。{1÷(「勝ち馬の票数」÷「総票数」)}×払戻率、以上の計算式となります…

手形

企業間取引決済の1つとして、手形による支払いがあります。手形は有価証券です(*1)。A企業がB企業から商品を仕入れ、代金を手形で支払った場合、A企業が「手形の振出人」、B企業が「手形の受取人」となります(*1)。 手形を振出したいA企業は、銀行に当座預金…

手形とは何か

電子決済の登場によって、手形の存在感が薄まっています。「手形」という言葉を聞く機会も減り、「あの約束は、空手形だったのか」(約束が果たされなかった)という文句などを聞く程度です。長年の歴史がある手形は現在も使われていますが、今後電子決済の…