田中組

 

 工藤会有力2次団体として知られているのが田中組です(*1)。田中組の創立者・田中新太郎は1969年、工藤組(工藤会の前身)に幹部として加入しました(*1)。当時田中新太郎は29歳頃でした(*2)。1970年工藤組は「工藤会」に改称、同年田中新太郎は事務所を若松から小倉に移転し「工藤会田中組」の看板を掲げました(*1)。「幹部としての加入」「若松に事務所を持っていた」という2つの点から、工藤組加入前から、田中新太郎はグループを率いて活動していたことが推測されます。

 

 工藤組は1949年小倉で結成されました(*3)。1963年五市の合併により北九州市が誕生しました(*3)。同年5月、山口組北九州市に進出しました(*3)。同年11~12月、工藤組は山口組と抗争をしました(*3)。12月時点で両団体は和解に至りました(*3)。工藤組若頭・草野高明は抗争を巡る件で逮捕され、懲役刑を受けました (*3)。1966年草野高明は留置場で工藤組からの脱退、自身の草野組解散を表明しました(*3)。工藤組トップ工藤玄治の了承を得ない表明だったことから、 工藤玄治と草野高明の間に溝が生まれました(*3)。

 

 1974年田中組は直方市北九州市の隣)に出て、地元の桃田組を傘下に収めました(*1)。1979年12月23日、田中新太郎は敵対組織の草野一家2次団体・極政会組員によって射殺されました(*3)。草野一家は1977年5月に出所した草野高明(工藤組元若頭)により、同年10月に結成された組織です(*3)。1979年12月草野高明は山口組2次団体・伊豆組トップの伊豆健児と五分の兄弟盃を交わし、山口組と関係を深めました(*4)。結縁式は1979年12月21日筑紫野市内で行われました(*4)。工藤玄治会長をはじめ工藤会の最高幹部達が出席した中、田中新太郎は欠席しました(*4)。2日後に田中新太郎は射殺されたことから、草野一家側は結縁式の欠席を「非礼」と受け取ったと考えられます。以降1981年2月の和解に至るまで、工藤会と草野一家の間で抗争が展開されました(*3)。

 

 1987年6月工藤会と草野一家が合併、工藤連合草野一家が誕生しました(*3)。工藤連合草野一家の本部長に就任したのが野村悟でした(*3)。野村悟は三代目田中組組長でした(*4)。1999年工藤連合草野一家は「工藤会」に名称変更されました(*5)。2000年野村悟は四代目工藤会会長に就任しました(*5)。

 

<引用・参考文献>

*1 『ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。 極道歴30年中本サンのカタギ修行奮闘記』(廣末登、2018年、新潮社), p139

*2 『ヤクザの散り際 歴史に名を刻む40人』(山平重樹、2012年、幻冬舎アウトロー文庫), p94-96

*3 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p52-61

*4 『戦後ヤクザ抗争史』(永田哲朗、2011年、文庫ぎんが堂), p103-106

*5 『別冊 実話時代 龍虎搏つ!広域組織限界解析Special Edition』(2017年6月号増刊), p65