真誠会

 

 

 テキヤ組織唯一の指定暴力団・極東会の中において、中核2次団体が松山連合会です(*1)。松山連合会の2次団体に、真誠会(極東会3次団体)があります(*2)。真誠会は新宿の歌舞伎町に拠点を置いています(*2)。真誠会会長は棚本清己で、極東会内では棚本清己は総本部長の職にあります(*2)。真誠会の前身は桜成会でした(*3)。

 

 桜成会を結成したのが池田亨一でした(*4)。極東会の源流は関口グループ(トップ関口愛治)で、関口グループ内に三浦周一が率いるグループがありました(*4)。三浦グループから分家した1つに、成田定行をトップとする組織がありました(*4)。池田亨一は1955年以降、成田定行の組織に入ったとされています(*4)。池田亨一が後に、成田定行の関連組織を束ね、桜成会を結成しました(*4)。以上の経緯から、桜成会において成田定行は「初代」、池田亨一は「二代目」と位置づけられました(*5)。成田定行の組織は新宿に拠点を置いていました(*4)。源流の組織が新宿で活動していたことから、真誠会(旧桜成会)が長年新宿を拠点に活動してきたことが考えられます。

 

 1979年池田亨一は、三浦グループの後継団体・三浦連合会(1976年結成)の二代目会長に就任しました(*4)。1985年三浦連合会は「眞誠会」に改称されました(*4)。2001年池田亨一(眞誠会会長)が死去しました(*1)。2002年眞誠会は「松山連合会」に改称されました(*1)。

 

 真誠会(旧桜成会)の組織名は、松山連合会の前身の組織名(眞誠会)と同じです。桜成会が、眞誠会(松山連合会の前身)トップだった池田亨一を輩出した背景から、「真誠会」と改称されたと考えられます。

 

<引用・参考文献>

*1『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2002年、洋泉社), p81

*2『実話時代』2016年1月号, p32

*3 『実話時代』2017年3月号, p27

*4 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』(実話時代編集部編、2003年、三和出版), p110-112

*5 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』, p173