割引金融債

 

 割引金融債という金融商品がありました(*1)。購入時は「額面価格から利息を割引いた価格」で得、償還時は「額面価格」を受け取る債権でした(*1)。単純化すれば、額面100万円利息5%償還期間3年の割引金融債は、95万円で得て3年後100万円を受け取ります。物価上昇期に弱い金融商品でしたが、物価下落期に強い金融商品でした。割引金融債は無記名で購入できたことも特徴でした(*1)。マネーロンダリングに利用された金融商品でもありました。

 

<引用・参考文献>

*1 『株式市場の黒幕とヤクザマネー』(松本弘樹、2009年、宝島SUGOI文庫), p122