交和会

 

 1969~1994年交和会という1次団体がありました(*1)。関東博徒系1次団体の親睦団体・関東二十日会(1972~2014年)に、交和会は1972~1994年まで加盟していました(*2)。交和会の前身は北星会(1962~1968年)でした(*1)。1964年から始まった警察庁によるヤクザ組織に対する大規模な取締り(通称「第一次頂上作戦」)によって、北星会は1968年解散しました(*3) (*1)。翌年1969年北星会の旧勢力は、交和会を結成しました(*1)。1994年交和会は、興和一家に改称し、稲川会に入りました(*1)。

 

 北星会は1962年岡村文化部、武州寺谷一家、木村一家、笠間一家、上州共和一家が集い、結成されました(*1)。上州共和一家は群馬県高崎を地盤とする博徒系ヤクザ組織でした(*1)。

 

 1962年北星会、1969年交和会結成において主導的な役割を果たしたのが岡村吾一でした(*1)。1907年埼玉県行田市に生まれた岡村吾一は、16~17歳の頃上京、1932年右翼団体・大化会に入りました(*1)。岡村吾一は大化会高崎支部長代理をつとめた際、上州共和一家の結成を手伝いました(*1)。上州共和一家は、高崎近隣11の博徒組織が集い、大正時代に結成されました(*1) (*4)。上州共和一家初代総長に就いたのが武田愛之助でした(*1)。武田愛之助は岡村吾一の兄貴分でした(*1)。北星会の構成団体となる上州共和一家は、岡村吾一とつながりがあったのでした。

 

 岡村吾一はその後東京に戻り、右翼の大物・児玉誉士夫と知り合い、児玉の組織「児玉機関」で働きました(*1)。太平洋戦争後(1945年以降)、岡村吾一は芸能界に軸足を置き、岡村文化部を設立しました(*1)。岡村文化部の事務所は銀座に置きました(*1)。岡村文化部は日劇松竹歌劇団、宝塚などの団体に影響力を持っていました(*1)。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2002年、洋泉社), p38-39

*2 『実話時代』2017年9月号, p22-24

*3 『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』, p26-27

*4 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p76-77