常盆の勤務シフト

  1975年時、松田組2次団体・溝口組の賭場(大阪市扇町)は常盆でした(*1)。常盆とは、ほぼ毎日常設の場所で開催される賭場のことです(*2)。溝口組の賭場は、毎日開催できるだけの集客力を持っていたことが推測されます。溝口組の賭場において組員は「2日働き1日休む」というシフトで働いていました(*1)。

 

<引用・参考文献>

*1 『実話時代』2019年6月号, p107-108

*2 『ヤクザ大辞典 親分への道』(山平重樹監修、週刊大衆編集部編・著、2002年、双葉文庫), p89