テキヤ組織・源清田

 

 かつて「源清田」という系列のテキヤ組織が東日本に多く存在していました(*1)。主に北海道、東北、北陸地方において、源清田の分家組織は活動していました(*1)。特に北海道では、丁子家、寄居と並び、源清田の勢力は強かったです(*2)。源清田の分家組織が集う団体として、「全日本源清田連合会」がありました(*1)。

 

 しかし1989年以降、各地の源清田の分家組織は、広域ヤクザ組織の傘下に入りました。1989年、北海道札幌市の源清田敬愛会が住吉会系列の組織に入りました(*2)。1991年には、新潟県長岡市の全日本源清田会島影同族会が山口組の傘下に入りました(*1)。山口組2次団体として迎えられた全日本源清田会島影同族会は、組織名を「源清田会」に改めました(*1)。

 

 また同時期に東北地方でも、山形市の源清田相原同族会が住吉会に、秋田県男鹿市の源清田松田阿部義会が稲川会2次団体・岸本一家に、青森県八戸市の源清田松野会が山口組2次団体・浅川会に入りました(*2)。

 

<引用・参考文献>

*1 『洋泉社MOOK・山口組・東京戦争』(有限会社創雄社編、2005年、洋泉社), p57-58

*2 『洋泉社MOOK・勃発!関東ヤクザ戦争』(有限会社創雄社『実話時代』田中博昭編、2002年、洋泉社), p146-150