ナシオトバイ

 

 テキヤ組織の新人は「口上なしの商売」から露店稼業を始めました(*1)。口上なしの商売は「ナシオトバイ」と呼ばれました(*1)。口上技術の取得に一定期間が必要であったことが窺えます。

 

<引用・参考文献>

*1 『親分 実録日本俠客伝①』(猪野健治、2000年、双葉文庫), p68