日本で生まれた覚醒剤・メタンフェタミン

 

 覚醒剤は日本において、覚せい剤取締法制定の1951年から違法薬物となりました(*1)。1951年以前覚醒剤は「ヒロポン」という商品名で気管支喘息うつ病の治療薬、滋養強壮剤として使用され、合法的な存在でした(*1)。主な覚醒剤の化学物質は、アンフェタミンメタンフェタミンです(*1)。メタンフェタミンは日本で生まれた覚醒剤です(*1)。メタンフェタミンアンフェタミンに比し、約40倍の強さがあるといわれています(*1)。

 

 1990年代半ば以前、覚醒剤の身体注入方法は、主に静脈注射でした(*1)。1990年代半ば以降、加熱吸煙法が流行りだしました(*1)。覚醒剤粉末をガラスパイプの中や、アルミホイルの上に置き、下から加熱し気化させ、口から吸いこむ方法です(*1)。加熱吸煙法は注射の跡が残りません(*1)。

 

<引用・参考文献>

*1 『薬物依存症』(松本俊彦、2018年、ちくま新書), p79-87