賭場の共同運営

 

 

 博徒組織にとって元々縄張りとは、賭場開帳の権利を持つ地理的範囲のことでした(*1)。例えば生井一家は、戦前(1945年以前)、東京日本橋人形町を中心に広大な縄張りを持っていました(*2)。生井一家は、人形町付近一帯で、賭場開帳の権利を有していたということです。生井一家が当時、博徒組織として強い組織であったことが窺えます。

 

 しかしながら、生井一家の縄張りの一部では、上州屋一家や斉藤一家の他の博徒組織と被っていました(*2)。被ったエリアでは、賭場の共同運営が行われていたようです(*2)。被ったエリアの賭場開帳権の帰趨を暴力的手段で解決するのではなく、平和的に解決した事例といえます。

 

<引用・参考文献>

*1 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p61

*2 『洋泉社MOOK・義理回状とヤクザの世界』(有限会社創雄社実話時代編集部編、2001年、洋泉社), p72-73