花田会

 

  東京都城東地域の歓楽街・錦糸町墨田区)は、住吉会2次団体・花田会の活動拠点です(*1)。1955年頃、亀戸(江東区)において花田正直により花田組が結成されました(*2)。1967年に花田組は「花田会」に改称しました(*1)。1988年頃の花田会の構成員数(傘下団体も含める)は1,000人を超えていたと言われています (*1) 。花田会は亀戸から錦糸町に進出し、勢力を拡大していたことが分かります。

 

 花田会の創設者・花田正直は、堀政夫住吉会連合会(住吉会の前身)会長(在任期間:1982~1988年)(*2)と「兄舎弟」の関係にありました(*1)。ヤクザ業界における兄舎弟とは、一方の者を「兄」、もう一方の者を「舎弟」とする人間関係のことです。堀政夫が「兄」、花田正直が「舎弟」です。

 

 親分子分が「垂直的関係」であるのに対し、子分同士は「水平的関係」です(*3)。子分間において「上下」の差をつける際に用いられるのが「兄舎弟」の関係です(*3)。堀政夫の「舎弟」という立場だったことから、花田正直が住吉会において高いポジションを得ていたことが窺えます。

 

<引用・参考文献>

*1 『実話時代』2018年5月号, p47-52

*2 『洋泉社MOOK・ヤクザ・指定24組織の全貌』(有限会社創雄社・実話時代編集部編、2002年、洋泉社), p48-49

*3 『現代ヤクザ大事典』(実話時代編集部編、2007年、洋泉社), p91