山健組若中人数の推移

 

 

 2015年8月山口組から、山健組や宅見組など計13団体が脱退、神戸山口組を立ち上げました(*1)。山口組は分裂しました。翌2016年5月時点、山健組若中(執行部ではない山健組下部団体トップと一人親方)は52人いました(*2)。2017年4月時点でも、山健組若中は51人いました(*3)。

 

 2017年4月下旬、山健組副組長・織田絆誠らの勢力が山健組を脱退、任俠団体山口組(現在の絆會)を結成しました(*4)。2017年7月時点、山健組若中は31人でした(*5)。2016年5月時点(若中52人)から、織田絆誠らの脱退により、山健組若中人数は約4割減したことが分かります。

 

 2018年2月山健組統括委員長・植野雄仁が山健組から絶縁処分されました(*6)。植野雄仁をトップとする兼一会は、山健組を脱退しました(*6)。兼一会脱退後の2018年2月時点、山健組若中は25人でした(*6)。

 

 2018年5~6月、山健組トップが交代、中田浩司が五代目山健組組長に就任しました(*7)。トップ交代を巡り、山健組下部団体トップ数名が絶縁などの処分を受けました(*7)。2018年6月時点、山健組若中は19人でした(*7)。任侠団体山口組結成から3カ月後の2017年7月時点(若中31人)から、山健組若中人数は約4割減したことが分かります。

 

 以降山健組若中の人数は、2019 年4月時点19人(*8)、2020年2月時点11人(*9)となっています。

 

 山口組分裂以降、山健組若中人数は52人(2016年5月)→51人(2017年4月)→31人(2017年7月)→25人(2018年2月)→19人(2018年6月)→19人(2019年4月)→11人(2020年2月)と推移しました。2016年5月時点(若中52人)から2020年2月時点(若中11人)まで、山健組若中人数は約8割減したことが分かります。

 

 2017年時点、山健組下部団体(神戸山口組からみれば3次団体)の会費(上納金)は、月額70万もしくは80万円でした(*10)。2017年4月時点における若中51人(全員が下部団体トップとすると)の会費の場合、最低3,570万円(51人×70万円)が毎月山健組本部に収められていたことになります。一方、現在も山健組下部団体の会費が月額70万もしくは80万円だったとすると、若中11人の会費の場合、最低770万円(11人×70万円)が毎月山健組本部に収められていることになります。

 

 一方、山口組の主要2次団体・弘道会若中人数は、34人(2016年5月)(*2)→34人(2017年4月)(*3)→33人(2018年2月)(*6) →33人(2018年6月)(*7) →33人(2019年4月)(*8) →33人(2019年11月)(*11)と推移しました。2016年6月時点(若中34人)から2019年11月時点(若中33人)まで、弘道会若中人数は1人しか減っていないことが分かります。

 

<引用・参考文献>

*1 『週刊実話増刊12月20日号 週刊実話ザ・モンスターVol.3』(2019年、日本ジャーナル出版) , p123

*2 『週刊実話』2016年6月16日号, p35,37

*3 『週刊実話』2017年5月11・18日号

*4 『週刊実話増刊12月20日号 週刊実話ザ・モンスターVol.3』, p124-125

*5 『週刊実話』2017年8月3日号, p37

*6 『週刊実話』2018年3月8日号, p35-38

*7 『週刊実話』2018年6月28日号, p35-39

*8 『週刊実話』2019年5月9・16日号, p43-44

*9 『週刊実話』2020年2月27日号, p35

*10 『山口組三国志 織田絆誠という男』(溝口敦、2018年、講談社+α文庫), p38-39

*11 『週刊実話』2019年11月28日号, p35